【レポート】盗難されたタランティーノ監督のシボレー「マリブ」が19年ぶりに発見!
クエンティン・タランティーノ監督の代表作『パルプ・フィクション』に登場した1964年型の赤いシボレー「マリブ・コンバーチブル」を覚えているだろうか? ジョン・トラボルタ扮する主人公ビンセント・ベガの愛車として、作中でも重要な役割を果たした車だ。実はこのマリブ、タランティーノ監督自身の愛車だったが、撮影終了後に盗難に遭い、行方知れずとなっていた。このいわく付きの車が、なんと19年ぶりにカリフォルニアのオークランドで発見されたことがわかった。

4月初め、巡回中の警察官が車を解体している男性に職務質問をし、車の登録番号を照合したところ、同じ番号で別の車両が登録されていることが発覚。男性の車は登録番号が偽造されており、元はタランティーノ監督の車だったことが判明したという。しかし、この男性も盗難車を掴まされた被害者であることが後日、分かったことから、マリブがタランティーノ監督の手に戻るかどうかは不明だそうだ。

それでは、『パルプ・フィクション』の中でビンセントが「他人の車に悪さをする奴は許さない!」と言っているシーンをご覧いただこう。(不適切な表現にはご注意頂きたい)




By Zach Bowman
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】シボレーの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:

Related Gallery:SmartQ T20 Software

Related Gallery:1964 Ford GT40 Prototype Photos

Related Gallery:New York Times v. Sullivan

Related Gallery:Top Pet Poisons | PawNation


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:GE VSCAN

Related Gallery:USB COOL

Related Gallery:Nokia E6 hands-on

Related Gallery:Rockchip android 2.3 29xx tablet

Related Gallery:thinkgeek playmobil apple store