Related Gallery:


今年の1月にイタリアの高級自動車メーカー、マザンティの新型スーパーカー「エヴァントラV8」のスペックについてお伝えした。そのエヴァントラV8が、先日モナコで開催されたモーターショー「Top Marques Monaco」でお披露目され、さらなる詳細が発表されたのでご紹介しよう。

エヴァントラV8はオール・アルミニウム製7.0リッターV8エンジンを搭載し、最高出力は701hp、最大トルクは86.3kgm、0-100km/hは3.2秒だ。トランスミッションは、6速マニュアルもしくはパドルシフト付きシーケンシャルギアボックス。クロムモリブデン鋼で強化されたスチール製シャシーを使用し、ボディはアルミニウム製と複合素材を使用したカーボンファイバー製の2種類が用意されている。後者の場合、車体重量は約1300kgだという。

デザインを手がけたのは、マザンティの創立者であるルカ・マザンティ氏とそのチーフデザイナーであるZsolt Tarnok氏。デザインコンセプトは、"クラシックとモダンの完璧な融合"だそうだ。例えば筋肉質なフェンダーラインはクラシックカーを思わせ、LEDライトの形状はモダンさを醸し出している。また、1月に公表された姿に比べ、外観に小さな変更が加えられたようだが、革張りのインテリアや、トリコロールカラーのエンジンスタートボタン、20インチのホイールに装着されたハイパフォーマンスタイヤ、大きなブレンボ製ブレーキなどは変わっていない。

さらに、アルミニウム製ボディを選ぶと、購入者の好みに合わせてエクステリアの小さな変更も可能(変更できる箇所に制限はあるようだが...)。ただし、ボディの素材に関わらずエヴァントラV8の生産台数は年間わずか5台とのこと。

それでは、エヴァントラV8の姿を2本のビデオでチェックしよう。詳細を知りたい方はプレスリリース(英語)をどうぞ。





By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:


【PR】エヴァントラV8の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:ZOMM Lifestyle Connect hands-on

Related Gallery:

Related Gallery:Mercedes-Benz F 700


<人気フォトギャラリー>