ヒュンダイがイギリスで制作したという自殺をテーマにしたCMに非難が殺到している。

テーマがテーマだけに決して安易に扱うべき内容ではないはずなのだが、ヒュンダイの関係者にはそのメッセージが届かなかったようだ。ビデオの内容は、男性がホースで排ガスを助手席側に送り込んで自殺を図ろうとするが、有害な排気ガスを排出しないため未遂に終わるというものだ。ヒュンダイはその後、表現が不適切だったとして謝罪している。

実は意外にも、自動車メーカーが自殺をテーマに広告を制作してきた歴史は長い。過去にはアウディシトロエンゼネラル・モーターズフォルクスワーゲンなどの広告が問題となっている。この手の広告を出すたびに批判が殺到するということを、いいかげんメーカー側も理解してもよさそうなものだ。

それでは早速、ヒュンダイが制作した問題のビデオをチェックしてみよう。他メーカーのCMも用意したので、併せてご覧いただきたい。











By Jeremy Korzeniewski
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】ヒュンダイの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:Alcatel One Touch Hero


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Samsung Galaxy S II camera samples

Related Gallery:Samsung Galaxy S II user interface

Related Gallery:OPPO Android Phone New UI

Related Gallery:ASUS announced the Padfone

Related Gallery:ASUS UX Series ultraportable notebooks