1976年型のBMW「2002」に、初代M3のドライブトレインを組み込んだ「M2」と呼べる車を造ったカスタムショップがあるのでご紹介しよう。

この車を手がけたのは、南カリフォルニアにあるBMWカスタム専門店、ババリアン・ワークショップ(Bavarian Workshop)のマーク・ノリス氏。エンジンは、80年代後半のE30型M3に搭載されていたS14型2.3リッター直列4気筒で、2002に搭載するため、トランスミッションとドライブシャフトを取り付ける部分を新たに製作したという。



さらにシャシーを補強して剛性を高め、サスペンションはコイルオーバーをすべて変更した他、ウィルウッド製ブレーキとアルピナ製ホイールで足回りを仕上げている。インテリアでは80年代前半のE21型「320i」に使われていたレカロのバケットシートを再利用し、ナッパレザーを施したそうだ。

200hpのエンジンを積んだこの2002は車重が軽いため、0-60mphは当時のM3より1秒ほど速い、5秒くらいだそうだ。ちなみに改造費用は新車の「M5」+セカンドカー1台分程度かかるらしい。ノリス氏は「代金を払ってくれれば、誰にでも作るよ」と笑顔で語っている。

では早速、パワーアップして蘇った2002をビデオでチェックしてみよう。



By Michael Harley
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】BMWの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!


<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:

Related Gallery:Asus Eee Pad MeMO 3D / MeMIC hands on

Related Gallery:Altek A14 LEO

Related Gallery:2014 Audi RS Q3: First Drive Photos

Related Gallery:Polar bear twins


<人気フォトギャラリー>

Related Gallery:old dv6 Bench

Related Gallery:Rockchip Android TV R-BOX

Related Gallery:Rockchip android 2.3 29xx tablet

Related Gallery:HTC Sensation 4G

Related Gallery:HTC Sensation 4G preview!