【上海モーターショー2013】もう次期型登場?!新型ヴィッツ(ヤリス)ワールドプレミア!
Related Gallery:Yaris2013


トヨタは、"上海モーターショー2013"で新型「ヤリス」を世界初公開した。欧州や北米で販売されている「ヤリス」は日本では「ヴィッツ」の名称で販売されており、現行の「ヴィッツ」が2010年12月に発売に発売されたばかりだ。モデルチェンジは通常5-6年周期で行われており、果たしてモデルチェンジ後2年半という異例の速さでの新型へとバトンを渡すことになるのか?!

【上海モーターショー2013】もう次期型登場?!新型ヴィッツ(ヤリス)ワールドプレミア!
このコンセプトカーは、昨年2012年4月に開催された"北京モーターショー2012"で公開された「Dear~亲(チン)~」のハッチバックだ。スモールクラスのグローバル戦略車のコンセプトモデルという位置づけで公開されたこのコンセプトカーこそが、今回公開された次期型ヤリス」のベースとなっている。

全体的なボディシルエットやグリル周りの意匠コンセプトはほぼ今回公開された「ヤリス」に生かされている。つまり、2010年12月に発売された「ヤリス」の次期型のキーデザインが2012年4月には、ほぼ出来ていたということになる。

【上海モーターショー2013】もう次期型登場?!新型ヴィッツ(ヤリス)ワールドプレミア!
そうは言っても中国の「ヤリス」は、日本の現行モデルではなく、一世代前のモデルが未だに継続販売されている。そうなると、中国市場においては必然的に次期「ヤリス」への期待が高まり、今のタイミングで次期型「ヤリス」が登場してもおかしくない。

日本では「ヴィッツ」に近いサイズの車として、「パッソ」や「アクア」があり、また欧州では「アクア」に近いポジションとなる「ヤリス」のハイブリッド投入されているなど、「アクア」と「ヤリス」が似たような存在になってきている。

今回のモデルがそのままこのままのタイミングで日本に投入されるのかは、全体的なラインナップの整合性次第といったところだろう。

【上海モーターショー2013】もう次期型登場?!新型ヴィッツ(ヤリス)ワールドプレミア!【上海モーターショー2013】もう次期型登場?!新型ヴィッツ(ヤリス)ワールドプレミア!
写真(下)の「ヴィオス」は先に開催された"バンコクモーターショー"でワールドプレミアとなった車両である。こちらは、3月の記事でも紹介した車両であるが、「ヤリス」同様に"北京モーターショー2012"にて公開されたコンセプトカーである写真(上)「Dear~亲(チン)~」セダンの量産化モデルとなっている。

ヴィオス」は初代「ヤリス」のセダンバージョンとして登場し、日本では、後に2代目「ヤリス」が「ベルタ」としても販売された。今回登場したこの「ヴィオス」は「カローラ・アクシオ」と客層がバッティングするとみられ、日本へは導入されないとの見方もあるが、「ヴィオス」の日本版導入も含め、今後の「ヴィッツ」(ヤリス)の日本導入がどのような形になるかは注目だ。

スタイリング全貌が分かる公式動画


Related Gallery:Yaris2013


【PR】ヴィッツの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Spy Shots: 2012 Toyota Yaris

Related Gallery:2010 Toyota Yaris 5 Door

Related Gallery:Suzuki Authentics Concept: Shanghai 2013

Related Gallery:Nissan Friend-Me Concept: Shanghai

Related Gallery:DS Wild Rubis


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:tas2013 companions

Related Gallery:Tokyo motor show 2011 Companion 09

Related Gallery:Tokyo motor show 2011 Companion 08

Related Gallery:Tokyo motor show 2011 Companion 07

Related Gallery:Tokyo motor show 2011 Companion 06