Related Gallery:Street style 3.28


日産は4月20~29日に中国の上海で行われている"上海モーターショー2013"で、仲間同士で移動することを想定した4人乗りコンセプトカーの「Friend-ME」を世界初公開した。


日産は、 1番のボリュームゾーンである1980年代に生まれた約2億4000万人の中国の若者「八零后 (Bālínghòu)」はどのようなことに憧れるのかということを探究し、特に20代半ばの男性の社会的な行動形態に焦点を当て、「Friend- ME」のコンセプトを作成したという。

兄弟姉妹がいない八零后の世代にとって、仲間と共有する時間はかけがえのないもの。「Friend-ME」に乗ることで、4人の仲間たちは自分たちだけの 心地の良いプライベート空間を共有することができ、4人全員が対等であることを実感し、バーチャルにつながることでワクワク感を共有できることを目指した という。

それを体現するようにフロントとリアの4つのシートは全てが同じように先進的なスタイルでありながら、それぞれが独立している。そして、4人全員が、車速、ナビゲーション、燃料の残量など、同じ情報を共有することもできる。ま た、4人それぞれが自分のシートで自分の好きな音楽を聴くことも可能だ。観音開きドアにゆったりとした後席空間を備えたレイアウトは、そんなコンセプトを 忠実に再現したスタイルといえる。


全体的なスタイリングは、低く幅広いスタンスと、短いフロントとリアのオーバーハングが、がっしりとしつつもアグレッシブでスポーティな印象を際立たさせている。


フロント周りは、立体的な"Vモーションシェイプ"と呼ばれる、日産のアイデンティティを感じさせるグリルからフェンダーやボディサイドへと流れるエネルギッシュで抑揚のあるデザインに仕上げられている。


そして"ブーメランシェイプ"と呼ばれるのヘッドランプとリアコンビネーションランプ、薄く軽さを表現した"フローティングルーフ"、跳ね上げたような形のCピラー部など新しい日産デザインの方向性を表現した斬新さが感じられる。

日本では、若者のライフスタイルが違うのでこのようなコンセプトの車はなかなか出てこない。中国ならではのライフスタイルにあわせた「Friend- ME」は、日本から見ると非常にユニークなモデルといえよう。

詳しくは、CGを使った公式動画をチェック!


Related Gallery:Street style 3.28


【PR】日産車の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Sony Handycam HDR-PJ430V 中文動手玩(Hands-on)

Related Gallery:Meizu MX3 評測(相機拍攝樣本)

Related Gallery:Auricuares Marshall Minor

Related Gallery:

Related Gallery:Auricuares Marshall Minor



<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:HP dv6(old)and Envy

Related Gallery:Stealth LPC-670 Mini-PC

Related Gallery:HTC Sensation 4G preview!

Related Gallery:Windows Phone 7 platform updates from MIX 11

Related Gallery:Chiling Lin at the Sony Internet TV annouce press