【ビデオ】「フィアット500」にランボルギーニ「ムルシエラゴ」のエンジンを搭載!
今回はランボルギーニ「ムルシエラゴ」の6.2リッターV12エンジンを搭載した「フィアット500」をご紹介しよう。

ボローニャモーターショー2012で初めてお披露目された同車は、イタリアのチューニングメーカー、Oemmedi Meccanicaがビンテージの「フィアット500」をベースにしたもの。キュートなボディのスモールカー、チンクエチェント(フィアット500)とはとても分からないほどの迫力ボディとなっている。たった500kgのボディに最大出力580hpのエンジンを積むとは、物理の法則からしてもかなりの型破りだ。

ビデオではコンパクトカーから発するすさまじいエンジン音のみならず、制作過程も見られるので是非チェックしてみよう。






By Zach Bowman
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】フィアットの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:BMW Alpina B4 Bi-Turbo Cabrio

Related Gallery:Asus Transformer Prime vs iPad2

Related Gallery:新 HTC One 評測: 瀏覽器

Related Gallery:Storyteller offers new way to view your memories, coming to Nokia Lumia 1520

Related Gallery:


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:ASUS Padfone first hands-on

Related Gallery:ASUS UX Series ultraportable notebooks

Related Gallery:ASUS announced the Padfone

Related Gallery:OPPO Android Phone New UI

Related Gallery:Samsung Galaxy S II user interface