Related Gallery:Lamborghini Pregunta Concept


今回は、幻のコンセプトモデル、ランボルギーニ「プレグンタ」が売りに出されたというニュースが入ってきたのでお伝えしよう。

ランボルギーニ「プレグンタ」は、1998年にフランスのコーチビルダー、ウリエーズが「ディアブロ」をベースに手掛けたコンセプトモデル。1998年のパリモーターショー、1999年のジュネーブモーターショーで公開され、そのオリジナリティあふれる斬新なデザインが話題をよんだ。アウディに買収される前のランボルギーニの最後のコンセプトカーとも言われている。

同車は、最高出力530hpを誇るV12エンジンを搭載し、最高速は207mph(333km/h)。航空力学にヒントを得たというボディーには、カーボンファイバーが使用され、駆動方式はディアブロのAWDから後輪駆動へと変更された。また、ボディーの塗装には、フランス軍の戦闘機、「ダッソー・ラファール」に使用されている塗料と同じものが使われ、光ファイバーのライト、リアビューカメラ、GPSシステムなど最新技術もふんだんに取り入れられた近未来的な車となっている。



この幻のヴィンテージカーを売りに出したのは、クラシックカーなどを専門に扱うフランスの「Autodrome」社。気になるお値段は、160万ユーロ(約2億円)とのことだ。庶民の手には到底届きそうにもないが、せめてラファール戦闘機と並んで滑走路を疾走するクールなプレグンタの映像を楽しもう。



By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:Lamborghini Pregunta Concept


【PR】プレグンタの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>