【ビデオ】超高額なフェラーリのワンオフ「P4/5」が、オンボロ車レースのペースカーに
レース用の強化部品などを含めた車両金額が500ドル(約5万円)以内というのが参加条件となっている「レ・モン24時間耐久レース」が先日開催されたが、そこになんとフェラーリのワンオフモデル「P4/5ピニンファリーナ」がペースカーとして登場したのでお伝えしよう。

レースが行われたのは、米ニューヨーク・マンハッタンの郊外にあるモンティセロ・モータークラブ。そこに、たまたま愛車のP4/5ピニンファリーナで会場を訪れていた元映画監督でカーコレクターのジェームズ・グリッケンハウス氏が、主催者からペースカーとして走ることを打診され、オンボロ車との思わぬ共演が実現したというわけだ。P4/5ピニンファリーナは、「エンツォ」をベースに、ピニンファリーナがボディデザインを手がけたグリッケンハウス氏のためのワンオフモデル。ちなみに製作費は300万ドル以上(エンツォの車両価格は除く)とも言われている。

ランボルギーニやフェラーリのようなレースカーは年中サーキットに華々しく登場し注目を浴びているが、超低予算で作られた車にとって、「レ・モン」はそのパフォーマンスをアピールできる唯一の場。そんな地味な車が主役の舞台に、P4/5ピニンファリーナがペースカーとして現れたのだから、さぞ観客も驚いたことだろう。

それでは、超高級スポーツカーとオンボロ車が同じトラックを走る珍しい光景を、ぜひビデオでご覧いただきたい。





By Zach Bowman
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】ワンオフモデルの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:

Related Gallery:Yesterday (11/3/11)

Related Gallery:

Related Gallery:DCEX

Related Gallery:New Porsche Cayenne GTS


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:old dv6 Bench

Related Gallery:Rockchip Android TV R-BOX

Related Gallery:Lytro Lightfield Hands-On

Related Gallery:Kia Picanto

Related Gallery: