前回に引き続き、4月7日に筑波サーキットで開催された「ハイパーミーティング2013」の会場から、各チューナーが腕を振るった「トヨタ 86」と「スバル BRZ」をご紹介しよう。

Related Gallery:Hague Nuclear Terrorism Talks

 
クロームメッキのボディが眩しいスバル BRZは、BLITZがラジアル・タイヤで筑波サーキットのラップタイム「1分切り」を目指して開発を進めている「BLITZ RACING PROJECT BRZ」。FA20型水平対向4気筒エンジンはターボ化され、現在400ps強の最高出力を発揮するという。ワイルドなビス留めオーバー・フェンダーによって、フロント265/35R18、リア285/30R18というファットなダンロップ製「ディレッツァ ZII」タイヤを装着。足回りには別タンク式全長調整式ショックアブソーバー「ZZ-R Spec-C」が組み込まれている。5連LEDデイタイムライトが埋め込まれたフロント・バンパーや、サイドステップ、リア・ディフューザー、カーボンGTウイングなどのエアロパーツは製品化されているそうなので、気になるBRZオーナーは以下のリンクから公式サイトをご覧いただきたい。

BLITZ RACING PROJECT


Related Gallery:

 
同じくらい迫力満点のこちらはVARISによるトヨタ 86 ワイドボディ。前後バンパー、前後フェンダー、サイドステップなどで構成されるボディ・キットは、FRP製なら58万8,000円から、フロント・ディフューザーも含めたカーボファイバー仕様で89万2,500円まで。写真の車両はさらにGTウイングとクーリング・ボンネット、ライトウェイト・トランクフードが装着されている。RAYS製ホイールは19インチ。こうなると、とても2.0リッターNAのクルマには見えない。

VARIS:TOYOTA 86 WIDE BODY Ver.


Related Gallery:Families Sobbing, Malaysia Missing Plane

 
フロント・マスクが個性的なトヨタ 86は、トミーカイラ ジャパンの「86 RR STREET ZERO」。名前の通り、サーキットよりもストリートを指向したチューンドカーだ。前後バンパー、サイドステップ、リアウイングに加えて「RR」エンブレ ムが付くフロント・フェンダー・ガーニッシュを装着。綺麗な色で焼けている4本出しのマフラーはフルチタン製。TOMMYKAIRAのロゴが刻まれたブレーキとRS☆R製サスペンションを組み込み、プロドライブ製「GC-05N」ホイールに235/30R20サイズのブリヂストン「ポテンザ S001」タイヤを履く。エクステリア・パーツやマフラーはすでに販売中なので、興味のある方は以下のリンクから公式サイトをどうぞ。

TOMMYKAIRA JAPAN : 86 RR STREET-ZERO


Related Gallery:

 
ESPRITがチューンしたトヨタ 86もターボ仕様。HKS製GTIIタービン・キットを組み込んで380psを発揮するという。トランスミッションにもHKS製のシーケンシャル・シフトを採用。クァンタム製サスペンションを組んだ足回りには、フラット・ブラックで塗られたプロドライブ「GC-012L」ホイールに、前後とも265/35R18サイズのブリヂストン「ポテンザ RE-11A」タイヤを履く。後付けエアロパーツはGTウイングとフロント・スポイラーのみだが、実はルーフもドアもカーボンファイバー製。エアコンやリア・シートはそのまま敢えて残したという街乗りも考えた仕様で、筑波サーキットのラップタイム1分03秒776を記録したという実力の持ち主だ。

ESPRIT


Related Gallery:

 
「LFT86」と名付けられたDAMDのトヨタ 86は「LFAヘのオマージュ」。フロント・バンパーの3つのグリルや、テールランプ下に開けられたエア・アウトレット、センターから覗く3本のエキゾースト・テールパイプなどが「レクサス LFA」を思わせる。全体的に大人っぽい仕上がりで、サイドの窓枠に付けられたクロームのモールと、パンチング・グリルを用いたフェンダーのガーニッシュがブラックのボディに映える。インテリアにはモカ縫いレザーが採用されたレカロ製シートを装着。ダッシュボードなどにアルカンターラが張られていた。小径のスポーツ・ステアリングは純正エアバッグを残したまま交換可能。ウレタンのステアリングが付いてくる「G」グレードや、ワンメイクレース用車両「86 Racing」のオーナーにとっては嬉しいパーツでは。

DAMD STYLING EFFECT:LFT-86

各チューナーによって形も方向性も大きく違う様々な86/BRZ。発売から僅か1年で、すっかり定番素材として定着しているようだ。好みの仕様を全て実現しようと思えば、費用は新車のポルシェが買えるほど高くなってしまうかも知れないが、新車のポルシェを買うより高い満足感が得られるという人だって少なくないだろう。"自分もそんなタイプかも" と思われた方、来年は是非、筑波サーキットまで足を運んでみることをお勧めしたい。チューンド86/BRZが実際に走る姿を見られる点は、サーキットで開催されるイベントならではの楽しみである。


【PR】トヨタ 86やスバル BRZの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!


<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Messages in bottles

 
Related Gallery:Funky Kia Souls

 
Related Gallery:Samsung's 10.1-inch Plastic LCD prototype eyes-on at SID 2011

 
Related Gallery:Alcatel OneTouch Idol 2/Idol 2 Mini

 
Related Gallery:2014 Ford Focus facelift leaked images

 
<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Samsung Galaxy S II camera samples

 
Related Gallery:OPPO Android Phone New UI

 
Related Gallery:ASUS Padfone first hands-on

 
Related Gallery:ViewSonic ViewPad 7x

 
Related Gallery:CUPP PunkThis hands-on