ウェブサイト『Club Lexus』は、トヨタレクサスの名前で2014年シーズンのF1に復活すると報じている。この情報は、同メディアがトヨタの幹部や内部関係者へのインタビューにより得たもので、この動きは"ほぼ本決まり"だという。

トヨタは2002年から2009年までF1に参戦していたが、総合優勝を果たすことなく、2009年の世界的な経済の低迷によりF1から撤退。一方、レッドブル・レーシングとパートナー契約を結んでいるライバルのインフィニティは、近年のチームの好成績により、成功を収めている。このことからもレクサスがレースの中心になり、トヨタがサポートするという戦略も納得がいく。

また、パフォーマンスカーのメーカーであるレクサスと、ハイブリッドカーの先駆者であるトヨタが組んでレースに参戦することで、毎年変更されるF1のレギュレーションにも対応しやすくなる。今後は、KERS(運動エネルギー回生システム)の最大放出エネルギーが60kWから120kWに容量を増加するといわれているが、ハイブリッドシステムを熟知しているトヨタにとって、こうした変更はまさに好都合といえる。

2014年からはエンジンが2.4リッターのV8から、ターボチャジャー付1.6リッターのV6エンジンに変更されることから、現在、各チームが新エンジンの開発を急いでいる。トヨタの復帰が早期に決まれれば、新エンジンの開発にも余裕を持って臨むことができるだろう。今後の動向に注目したい。

By Seyth Miersma
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】レクサスの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>

Related Gallery:WeatherFlow Wind Meter

Related Gallery:Victorinox Presentation Pro

Related Gallery:Panasonic FP8

Related Gallery:Iconia Tab A100 and W500

Related Gallery:三星 Galaxy S 4 动手玩


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Lytro Lightfield Hands-On

Related Gallery:Lytro Pressebilder

Related Gallery:PSP Vita Hong Kong Launch Event

Related Gallery:Designer Androids

Related Gallery:Evolve Motorcycles Lithium