【ビデオ】ニュージーランドの最新サーキットを「MP4-12C GT3」が初ラップ! ニュージーランドで先月末、国際規格サーキットを備えるハイランズ・モータースポーツパーク(Highlands Motorsport Park)がオープンした。その記念イベントに同国出身のレーサー、クレイグ・ベアードが登場し、マクラーレン「MP4-12C GT3」でサーキット初の公式ラップタイムを記録した。

この新サーキットは3つのトラックから構成されており、全長は4.5kmと国内最長で、関係者いわく「南半球で有数のサーキット」になるという。そんなサーキットで初のラップタイムに挑戦したベアードは、ニュージーランド・フォーミュラ・アトランティック選手権で1990年から3年連続優勝を果たし、またニュージーランド・ツーリングカー選手権でも1993年から4年連続優勝など、輝かしい経歴を持つ同国では伝説的存在のレーサー。昨年、GTレースで19勝を挙げたMP4-12C GT3を操るベアードに、ハイランズ側が期待をしたのもうなずける。



ベアードが叩き出した記録は1分41秒9。走行後のインタビューで彼は、「もう少し練習すれば、1分30秒台まで記録を縮められる」と述べ、早くも自身による記録更新をほのめかしていた。再びマクラーレンでサーキットに挑むベアードの姿を見られるのを楽しみに待っていたい。

それではビデオで公式ラップタイムを記録したベアードの走りの一部始終をお楽しみいただこう。




By Zach Bowman
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】マクラーレンの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:10-inch Android new Tablet

Related Gallery:New Beetle Limousine

Related Gallery:Pentax K-3 press shots

Related Gallery:

Related Gallery:


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:HTC Sensation 4G preview!

Related Gallery:HTC Sensation 4G

Related Gallery:Rockchip android 2.3 29xx tablet

Related Gallery:Rockchip Android TV R-BOX

Related Gallery:old dv6 Bench