ポルシェ、マイナーチェンジを施した「パナメーラ」の受注を開始!
ポルシェ ジャパンは、4月21日開幕の上海モーターショーで世界初公開されるマイナーチェンジを施した「パナメーラ」の注文受付を15日より開始すると発表。外観上のフェイスリフトの他にも、新たに外部電源から充電可能なプラグイン・ハイブリッドや、後部座席の居住性を高めたロングホイールベース仕様が加わり、自然吸気V8エンジンがV6ツインターボにダウンサイジングされている。

Related Gallery:2014 Porsche Panamera

 
パナメーラは、ポルシェ初のフル4シーター/4ドア・サルーンとして(正確には5ドア・ハッチバックだが)2009年の上海モーターショーでデビュー。それからちょうど4年経ち、今回初めての大掛かりなマイナーチェンジが施された。

フロント・エンドはエア・インテークが拡大し、ヘッドランプ・ユニットの形状を一新。標準はバイキセノンだがオプションでLEDヘッドライトも装備可能だ。リア側もテールゲートとバンパーの形状が見直され、ナンバープレートの取付位置が下に移動している。テールライトの形状と内部LEDの構成も変更された。



外観以外の点で最大の注目ポイントは、3.0リッターV型6気筒エンジン+1個の電気モーターを搭載する「パナメーラS ハイブリッド」が、より強力なモーター、大容量バッテリー、外部充電機能を備えるプラグイン・ハイブリッド・システムを搭載した「パナメーラS eハイブリッド」に進化したこと。電気モーターの出力はこれまでの47psから95psに2倍以上も向上。これによりシステム合計の最高出力は380psから416pへ、最大トルクも59.1kgmから60.1kgmに増強されている。バッテリーは1.7kWhのニッケル水素に替わって、容量が5倍以上も大きな9.4kWhのリチウムイオンを採用。ドイツの家庭用コンセント(230v)に接続した場合、4時間以内で充電が完了するという。これらの変更によりモーターのみによるEV走行が可能な距離もぐんと増え、NEDC(新欧州ドライビング・サイクル)に基づくテストでは36kmを記録したそうだ。これまでは「約2km」と発表されていたから大きな進化である。ただしNEDCのテストはエアコン、ヒーター等をオフにして行うため、日常使用における現実的な航続距離は「18〜36kmの間になると思われる」とポルシェはいう。電気の力のみにより到達可能な最高速度も、これまでの85km/hから135km/hに引き上げられている。



排気量2,995ccのV型6気筒スーパーチャージャー付きエンジンのスペックは変わらず。単体では333psの最高出力と44.9kgmの最大トルクを発生する。システム合計の最高出力416psが、エンジンとモーターの最高出力を単純に足した数値にならない理由は、それぞれの発生回転数が同時に重ならないため。またこのハイブリッド・システムは、追い越しを掛ける際などアクセル・ペダルを一気に踏み込めば、エンジンのパワーを電気モーターがアシストする「Eブースト機能」が働く。そのためモーターの出力アップは加速性能に大きく作用し、0-100km/h加速が5.5秒とこれまでよりも0.5秒短縮された。270km/hという最高速度に変わりはない。



さらに今回の仕様変更では、ホイールベースを標準モデルの2,920mmから3,070mmへ150mm延長することで後部座席の足元を拡げた「エグゼクティブ」モデルが、「パナメーラ ターボ」と「パナメーラ4S」に追加されている。というと、フェリー・ポルシェ氏の75歳の誕生日プレゼントとして1984年にワンオフで製作された「928」のロングホイールベース仕様「942」通称 "ドクターズ・カー" (あるいは4ドア化した「H50」)を思い出す人もいるかも知れないが、ルーフラインの変更はそれほど大きくはない。ただし全高が7mm高くなり、当然重量も増加しているようで、0-100km/h加速は僅かに遅くなっている(パナメーラ ターボ エグゼクティブで0.1秒、パナメーラ4S エグゼクティブでは0.2秒ほどダウン)。これらのエグゼクティブ・モデルには「卓越した走行快適性とポルシェならではのドライビング特性を両立」させるため、エアサスペンションが標準装備される。



外観と同じくらい大きな変更は、一部グレードのボンネット下にも見られる。これまで「パナメーラS」と「パナメーラ4S」に搭載されていた4.8リッターV型8気筒が、新開発の3リッターV型6気筒ツインターボに "ダウンサイジング" されたのだ。シリンダー数は3/4、排気量は5/8に縮小されたが、低回転域から効くという過給器の助けにより、最高出力は420ps、最大トルクが53.0kgmへ、それぞれ20psと2.0kgmほど向上し、燃費は18%改善されているという。

トランスミッションは、パナメーラS eハイブリッドには8速ティプトロニックS、それ以外のモデルではデュアルクラッチ式2ペダルATである7速PDKが組み合わされる。ベース・モデルに用意されていた6速MTはドイツ本国でも廃止されてしまったようだ。また、日本仕様では新たにバイキセノンヘッドライトやマルチファンクションステアリングホイール、オートマチックテールゲートが標準装備となっている。安全機能やドライバー・アシスト機能も拡充され、アダプティブクルーズコントロールは「危険な状況では積極的にブレーキングに介入するように」設定を最適化。カメラを利用した交通信号検知やレーンチェンジアシストシステムなども採用されている。



価格は3.6リッター自然吸気V6を搭載する「パナメーラ」が994万円。4輪駆動の「パナメーラ4」が1,091万円。3.0リッター・ツインターボの「パナメーラS」は1,422万円。その4輪駆動モデル「パナメーラ4S」が1,480万円。さらにそのロングホイールベース仕様「パナメーラ4S エグゼクティブ」になると1,748万円。依然ダウンサイジングされずに自然吸気4.8リッターV8を積む4輪駆動の高性能モデル「パナメーラGTS」は1,612万円。それにツインターボが付く「パナメーラ ターボ」はこれまでより20ps増しの520psとなり2,172万円(代わりに「パナメーラ ターボS」が消滅した)。そのロングホイールベース仕様「パナメーラ ターボ エグゼクティブ」は2,415万円。注目の「パナメーラS eハイブリッド」は1,534万円となっている(いずれも消費税込み)。パナメーラとパナメーラ4は右ハンドルのみ、エグゼクティブは左ハンドルのみ、それ以外のモデルでは左右どちらでも選べる。

さらに詳しい情報は以下のリンクから公式サイトをご覧いただきたい。ギャラリーにご用意した画像と公式プロモーション・ビデオもどうぞ。


ポルシェ ジャパン公式サイト

Related Gallery:2014 Porsche Panamera

 


【PR】パナメーラの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:1987 Porsche 928 H50 Concept Photos

 
Related Gallery:Porsche Panamera Sport Turismo Concept Paris 2012 Photos

 
Related Gallery:2013 Porsche Panamera GTS First Drive Photos

 
Related Gallery:First Drive 2010 Porsche Panamera

 
Related Gallery:2010 Porsche Panamera

 
<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 09 01

 
Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 06 03

 
Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 06 01

 
Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 04 01

 
Related Gallery:tokyo-autosalon-2013-girls01-03