タイヤ満足度調査でランフラットと低燃費タイヤへの不満があらわに!
米の調査会社が、トップブランドのタイヤに対する顧客満足度を調査したのでご紹介しよう。

調査はラグジュアリーカー、ファミリーカー、スポーツカー、トラック/SUVの4部門で行われ、ミシュランがそのうち3部門(ラグジュアリー、ファミリー、スポーツ)において最高得点をマークした。

安全性とエコの面から注目を集めるランフラットタイヤと低燃費タイヤについては面白い報告が出た。ランフラットタイヤは、パンクしても一定の距離を安全に走行できるため、スペアタイヤを積む必要がない。つまり、その分車体の軽量化が実現し、燃費を抑えることもできる。

しかし今回の調査で、オーナーは平均してランフラットタイヤを標準タイヤの2倍の早さで交換していることが明らかになった(例えば標準タイヤの交換を2年とした場合、1年で交換している)。これはランフラットタイヤの乗り心地の悪さによるものや、ランフラットタイヤはパンクした場合、標準タイヤと違って修理ができないことが原因のようだ。

中でもラグジュアリーカーや、パフォーマンスカーに乗っているオーナーに不満が強いという結果が出ている。さらに、低燃費タイヤについては、メーカー側のマーケティングが十分ではないと指摘。オーナーの多くが低燃費タイヤの特性についてよく理解していないために、グリップ性能や耐摩耗性の低下に懸念を抱いているというのだ。

さらに詳しい内容を知りたい方は、プレスリリース(英語)をご覧いただきたい。

By Jeffrey N. Ross
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】タイヤの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:The 14 Stages of Playing a Board Game

Related Gallery:Nikon Coolpix P500 hands-on

Related Gallery:clutches perfect for prom

Related Gallery:Subaru RWD Coupe Spy Shots

Related Gallery:Galaxy Nexus dock connectors


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:ViewSonic ViewPad 7x

Related Gallery:ASUS Eee PC X101 hands-on

Related Gallery:Asus Eee Pad MeMO hands-on at Computex 2011

Related Gallery:USB-Schutrockner

Related Gallery: