【レポート】日本勢との競争激化! ヒュンダイがピックアップトラックへ参入を検討 ヒュンダイが米国のピックアップトラック市場への参入を検討していると自動車メディア『Automotive News』が報じた。

同社の海外販売部門の副責任者イ・インチョル氏によれば、商品企画担当者と技術者の間でピックアップトラックの開発を検証中だという。今のところ、ヒュンダイからピックアップを開発する計画は正式に発表されていないが、米ディーラーからの販売の要望が後を絶たないそうだ。

こうした動きは昨年、韓国とアメリカで調印された自由貿易協定の影響もあると考えられる。米は小型トラックなどの商用車の輸入に現在25%の関税をかけているが、2021年には撤廃される予定で、韓国はピックアップを関税なしで米へ輸出することが可能になる。ヒュンダイはフルサイズが主流のアメリカでコンパクトなピックアップトラックを投入し、他社との差別化を図ると考えられる。

ヒュンダイがピックアップを生産するといううわさは数年前から出ており、クライスラーと提携してダッジ「ラム」をベースとしたモデルを開発するという話も出ている。現時点ではどれも憶測にすぎないが、今後のヒュンダイの動向に注目したい。

By Zach Bowman
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】ピックアップトラックの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Pickuptrucks.com Ultimate 4x4 Shootout Photos

Related Gallery:2014 Ram Promaster Chicago 2013

Related Gallery:2013 Ram 1500

Related Gallery:2013 Ram 1500 New York 2012 Photos

Related Gallery:Volvo 850 T5 R Pickup Photos


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 10 01

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 10 02

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 10 03

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 10 04

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 10 05