【ビデオ】2013年の車業界のエイプリルフール用広告を大紹介!
今回はAutoblogが集めた自動車業界の今年のエイプリルフール用広告をまとめてご紹介しよう。どれも思わずニヤッとしてしまうこと請け合いだ。

コンバーチブルで、ツインターボのディーゼルハイブリットで、AWDな2015年型「BRZ」

スバルの米国法人から、「BRZ」の新仕様がリリースされた。パワートレインはツインターボのディーゼルハイブリッド、ボディはコンバーチブルの2シーター、AWDになるという。ちなみにボディカラーは黒のみで、バックカメラもついていないそうだ。


VWがTDI搭載のハイブリッド新型車「ヴェント」を発表! ただしボディは...



フォルクスワーゲンは、新車ネタのジョークを自社のフェイスブックページにて披露した。"新型「ヴェント」はTDIエンジン搭載のハイブリッド車で、極上 のパフォーマンスをお届けします"というメッセージと共に写真も掲載されているが、写っているのは10年以上前に発表されたコンセプトカー、「W12ナル ド」と寸分たがわぬ姿。エンジンだけを今風にハイブリッドにアレンジする、ということだろうか?


掃除機を積んだホンダの新型「オデッセイ」に、散髪用アタッチメントを追加(ビデオ付)

ホンダは先日のニューヨーク国際オートショー2013で、世界初となる車載搭載掃除機、ホンダ「VAC」を搭載した新型「オデッセイ」用を発表したばかりだが、さらにオプションとして、ホンダ「Hair(ヘア)」の導入を発表した。アメリカで80年代に家庭用掃除機につなげて使用する「Flowbee(フロービー)」という散髪用のアタッチメントがあったのだが(現在も発売されている)、ホンダ「Hair」もホンダ「VAC」のアタッチメントとして車内で手軽に散髪ができる仕組みだ。小さい子どもを持つ親には役立ちそうだ。詳しくは、以下のビデオでチェックしよう。




MINIを恋のキューピットにする限定アプリ



車はロマンチックなデートを盛り上げる重要なツールでもある。そこでMINIが開発したのがデートを盛り上げてくれるアプリだ。App Storeからこの「Connect Us」という名のアプリをダウンロードし、MINIとリンクさせれば、2人の相性や、2人にピッタリのバーや雰囲気の良いレストランの情報を提供してくれ るという。


家族5人で出かけられる! シボレー「コルベット」に子供3人が乗れるトレーラー付きモデルが登場



5人家族だが、どうしてもシボレー「コルベット」に乗りたいあなたに朗報だ。同モデルのカスタムディーラーであるキャラウェイが3月にシボレー「C7コルベット・スティングレイ」シューティングブレークのレンダリングデザインを公開したが、そのC7ワゴンの後ろに子どもが3人乗れるトレーラーをつけた「AeroWagonette(エアロワゴネッティ)」を世に送り出すという。しかし、残念ながら公道走行は認められそうにない。


人身事故がなくなる! ボルボが新開発した車体を包み込むエアバッグ



SFアクション映画に出てくる夢のような自動車技術が実現するのはうれしいものだ。ボルボが発表したのは、衝突事故の衝撃から車と歩行者を守るため、写真のように車体全体を包み込んでしまう「エアバッグ」だった。


BMWが開発した英王室御用達用ベビーカー



今夏、英ウィリアム王子とキャサリン妃の初のロイヤルベビーを迎える予定の英王室。これに便乗しようとしてか、BMWは英王室向けベビーカー、BMW「赤ん坊用ロイヤル・オート・モバイル(PRAM)」を発表した。PRAMはエアコン、そしてセレブに配慮した「パパラッチ除けフード」を装備しており、駆動方式は2WDか4WDからチョイス可能とのことだ。


車内外の音を一切消し去ることができる新システムを英クルマ雑誌がレポート(ビデオ付)

高性能クーペBMW「M6」などへの搭載を目指し、テスト段階中のアクティブノイズコントロール(ANC)。英自動車専門雑誌「Evo」が、この新システムのレビューを行ったビデオを公開した。ANCはシフトチェンジのパドルの操作音を、犬の鳴き声や銃声音といったお好みの音でできるようにしてくれるだけでなく、人の話し声も含めた車内の音をすべて消し去るモードも備わっており、完全な静寂の中でリラックスしながら運転を楽しめる。また、外部の音を消し去るモードも備えていて、エンジン音を含む車外に生じるすべての音を消し去ることもできるそうだ。詳しい様子は、動画をどうぞ。




人間の代わりにレースに出場してくれるヒューマノイドが完成!



フォード「マスタング」のパフォーマンスパーツ専門店ステージスリー・モータースポーツが開発したのは、人間に代わってハンドルを操作する「マスタング・ドライバー・モッド・システム」。人間そっくりな形をしたヒューマノイドタイプ型で、お値段は30万USドル(約2800万円)。同店によると、レース出場のために必要なものは全でこのヒューマノイド実装済みだと言う。


ちょっと切ないバットマンのステッカー



車のリアガラスに茶目っ気のあるステッカーが貼られているのをよく見かけるが、ホビー雑貨を扱うネットショップが、「バットマン」の何だか切ないステッカーを発売したので紹介しよう。バットマンの幼少時代に目の前で殺されたという両親の墓と、その横にたたずむバットマンの悲しげな姿という、涙を誘う構図のステッカーだ。車に貼るには切なすぎる、と思いきいや、大富豪一家に尽くした家族同然の執事アルフレッドがすっかり忘れ去られているのが、ちょっとした笑いを誘う。

By Jeffrey N. Ross
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】新車の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Split Stick USB

Related Gallery:Logitech Speaker Lapdesk N550

Related Gallery:

Related Gallery:Top Pet Poisons | PawNation

Related Gallery:Facebook on BlackBerry 10


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Fujitsu LOOX F-07C could be phone with Windows 7 and Symbian

Related Gallery:Motorola Xoom China

Related Gallery:USB COOL

Related Gallery:GoodGuide iPhone-App

Related Gallery:Nikon D5100 HK Press Con