MINI John Cooper Worksにウィング・オプションを装備した限定車が登場...!
BMWは4月1日、MINIのハイ・パフォーマンス・ブランド「MINI John Cooper Works」の全モデルにウイング・オプションを装備した限定車を設定すると発表。本日4月1日限定で、全国のMINI正規ディーラーにおいて販売を行うという。

Related Gallery:St. Patrick's Day | Chicago River

 
MINIのトップ・モデルにその名前を冠するジョン・クーパーさんとは、かつてイギリスで父上チャーリー・クーパー氏と共にクーパー・カー・カンパニーを設立し、F1やインディで活躍するマシンを数多く作り上げた名エンジニア。それまでフロントにエンジンが搭載されていることが当たり前だったレーシングカーの世界に、ミドシップ・マウントという手法を持ち込み成功させた...という功績よりも、日本ではイギリス製の小型大衆車をチューニングした「ミニ・クーパー」の生みの親として有名だろう。現在のMINIに設定されているJohn Cooper Worksは、その名前を受け継いだジョン・クーパー氏の子息、マイク・クーパー氏とBMWが共同で開発するMINIのハイ・パフォーマンス・モデルのブランドとして人気を博している。

過去にはエンジンを後ろに積んだコーナリング性能が馬鹿っ高いレーシングカーや、大排気量のスポーツカーを相手にラリーで大活躍する小さなスポーツ・サルーンで世の中を驚かせたジョン・クーパー氏も、今回の発表には天国で仰天しているに違いない。自分の名前を冠したクルマに "翼" が付いたというのだから...。



車体後部に装着された支柱付きスポイラーのことを「リア・ウイング」と呼ぶが、そしてイギリスではフェンダーのことも「ウイング」と言うけれど、本日限定で販売されるMINI John Cooper Worksに装備されているのは、飛行機の主翼のような、まさしく「ウイング」。しかもステアリング・ホイールに備えられたボタンによって開閉可能だとか。きっと担当者の方は今日のために、知恵を振り絞って(楽しみながら)考えたに違いないので、プレスリリースから文面も引用させていただこう。


MINI John Cooper Works。エンジンからサスペンションにいたるまで、全身に走りのチューニングを施した特別なMINI。レースの血を受け継いだ小さなモンスターは、あらゆるドライブをカーレーシングに変えてしまうほどのポテンシャルを秘めています。ドライバーを魅了する、見えない翼でも生えているかのように軽快な走行性能。John Cooper Worksを冠するマシンは、まさにMINI ウイングエンブレムの化身とも言える存在なのです。

このたびMINIは、多くのオーナーに体感していただいている、見えない翼でも生えているような感覚、に注目。ドライビングに精通された方だけでなく、すべてのドライバーにJohn Cooper Worksならではの飛翔感を味わっていただくために、特別なオプションの発売に踏み切りました。

MINIウイングオプション。大手航空メーカーとの共同開発により誕生した鉄の翼です。このウイングが本領を発揮するのは高速走行時。威風堂々と風を切る姿をサイドウインドー越しに眺めていただくことで、体感だけでなく、視覚的にも、翼の生えたような走りをお楽しみいただけるようになりました。

デザインは、戦闘機にも採用されている尖鋭的なデルタウイングと、旅客機などでもポピュラーな後退翼の2種類。アクロバティックな飛行感を楽しみたい方にも、優雅なフライト感を満喫したい方にも、ご満足いただけるはずです。しかも、この二枚の翼はスイッチひとつで車体への格納と展開が可能。ニッポンの駐車場事情まで考慮いたしました。ハンドルのMINIエンブレムを開閉スイッチにした、心にくいまでの演出もMINIならではのこだわりです。



すでにもうお分かりかとは思うが、これは毎年恒例となっているMINIからのエイプリル・フール・ジョーク。画像も流石にプロの方が本気で制作すると、こんなやっつけ仕事とは違ってよく出来ている。来年は我がAutoblogも、もっと頑張らねば...。


Related Gallery:St. Patrick's Day | Chicago River

 
【PR】MINI JCWの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Fotos de los dos Xoom 2 juntos

 
Related Gallery:

 
Related Gallery:

 
Related Gallery:

 
Related Gallery:Cr-48: a second look

 
<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:iPad G-Form Sleeve

 
Related Gallery:old dv6 Bench

 
Related Gallery:HTC Sensation versus Incredible S and Desire S (hands-on)

 
Related Gallery:GE VSCAN

 
Related Gallery:Motorola Xoom China