ニュルブルクリンクの経営破綻については以前にも何度か触れたが、今回は正式に売り出されたという情報を入手したのでお伝えしよう。

博物館やアミューズメントパークといったニュルブルクリンクの全ての施設を含めた売却価格は1億6500万ドル(日本円 約158億円)。昨年7月、オーナーである独ラインラント・ブファルツ州がニュルブルクリンクの破産宣告をして以来、買い手については様々な噂が飛び交っており、当初は50以上の団体が興味を示していたとされるが、現在その数は10前後までに絞りこまれている模様だ。ちなみに、同州により任命された清算管財人が同施設のニュースなどを専門に伝えるブログサイト『BridgetoGantry.com』に語ったところによると、ロシアの資産家やアラブの富豪の名前は、その中にはないという。

モータースポーツの聖地とまで言われる同施設だが、決してドル箱ではない。そのため、新オーナーは経費削減を余儀なくされることになり、州立だからこそ行われていた草の根的なモータースポーツイベントや一般人がサーキットを運転できるチャンスなどは失われてしまうかもしれない。また同施設のコースでは、これまでに各自動車メーカーのテストドライブも行われてきたが、果たして売却後は利用できるのかといったことも気になるところだ。続報が入り次第お伝えしよう。

By Zach Bowman
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】ニュルブルクリンクの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>

Related Gallery:LG's Netcast Skype LCD HDTV

Related Gallery:El HTC Touch 3G revelado

Related Gallery:Nueva Panasonic DMC-GH1 con vídeo a 1080p

Related Gallery:Ginebra 2011: Smart ForSpeed Concept

Related Gallery:Volkswagen California Edition


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:ViewSonic ViewPad 7x

Related Gallery:Qualcomm twins show girls

Related Gallery:Vodafone charging truck

Related Gallery:CUPP PunkThis hands-on

Related Gallery:Shuttle tablets at Computex 2011