Related Gallery:BlackBerry Music Gateway hands-on


ダイムラーが、メルセデス・ベンツブランドのエントリーモデルとして、「スマート」と「Aクラス」(写真上)の中間モデル「Xクラス」の生産を計画中とのうわさをキャッチした。

ドイツの自動車メディア『Auto Bild』によると、Xクラスはダイムラーが提携を結んでいるルノー日産のプラットフォームをベースに開発されるとのこと。ラインナップはハッチバックに加えセダン、クロスオーバーの3種類となる見込みで、エンジンは1.0リッター直列3気筒か1.5リッター直列4気筒から選べる。労働コストの低い国で生産を行うことにより、価格は2万ユーロ(約250万円)弱からの予定だそうだ。

デビューは2018年頃とのこと。アウディのコンパクトカー「A1」などと競合することになるXクラス。これまでのメルセデス・ベンツのモデルとは違った意味での高級感とスタイリングが求められるだろう。5年後を楽しみに待っていよう。

By Jeffrey N. Ross
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:BlackBerry Music Gateway hands-on


【PR】メルセデス・ベンツの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!