実際に乗れる! レゴでできたフェラーリのF1マシーン
待ちに待った2013年のF1シーズンはロータスのキミ・ライコネンの優勝で開幕した。このオーストラリアGP開幕戦に先立ち、今期の巻き返しを狙うフェラーリレゴで作った実物大の2011年型のF1マシン「150°イタリア」を発表したので詳細をお伝えしよう。

制作に数カ月を要したというこのレゴカーは、フェラーリがチームスポンサーのシェルとコラボして制作したもの。使用されたレゴブロックの数は明らかにされていないが、驚くほど本物の150°イタリアにそっくりで、ドライバーシートに座ることもでき、ステアリングホイールまでレゴで復元されているそうだ。ちなみに、タイヤは本物のピレリを装着している。

さて、気になるフェラーリの順位だが、フェルナンド・アロンソが2位、フェリペ・マッサが4位という結果を出している。今年もいろいろな話題を提供してくれるであろうF1。Autoblogがお届けするニュースのチェックもお忘れなく!


By John NeffR
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:2015 Nissan Juke


【PR】フェラーリの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Dell Mini 3 lightning hands-on

Related Gallery:HKC Pearl

Related Gallery:LG Arena KM900 hands-on

Related Gallery:PSP 瘦身版動手玩圖庫

Related Gallery:


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Boxx

Related Gallery:MoneyMaker: SLR-Retrohalter

Related Gallery:ViewSonic ViewPad 7x

Related Gallery:Qualcomm twins show girls

Related Gallery:Rolls-Royce 102EX