2013年3月13~15日に東京ビッグサイトで"第4回国際自動車通信技術展"が開催された。ホンダは"Honda Link"というスマートフォン向けのアプリケーションを展示した。


"Honda Link"は、スマートフォン向けのアプリケーションであり、iOS用とアンドロイドOS用の2タイプのアプリケーションが用意されるという。このアプリケーションをホンダのオーナーがインストールすることで、自動車を使うことが便利になる機能が盛り込まれている。



オーナーは自分の車のイラストを選び、自分の車のボディカラーを選択。さらにニックネームをつけることができる。


車のメンテナンスの履歴を入力しておけば、オイル交換やフィルター交換など、的確なメンテナンスタイミングを教えてくれる。ディーラーに登録しておけば、ディーラーからお知らせが来るようにも出来るようになるとのことだ。


ガソリンを入れる度に記録をつけておけば平均燃費の計算や地球を何周回ったかなどのログをつけることが出来る。


万が一車両が故障したときは24時間のロードサイドアシスタンスへ現在地を連絡したり、救護を依頼したりする事も出来る。


専用のナビゲーションソフトが用意され、お気に入りの地点を検索し、目的にまでの案内もしてくれる。


車両とのコネクターへスマートフォンを接続することで、車両に装着された専用のモニターにスマートフォンの情報を表示することも出来る。この機能は既に国内向けにはブルートゥースでデーターを飛ばすタイプのモニターなどが一部車両に設定されている。


この"Honda Link"を搭載した車が増えれば、フローティングカーデーターを利用して、独自の渋滞情報により渋滞を回避したルートを選択することも可能となり、都市の渋滞緩和効果も期待できる。ちなみに現在の"インターナビポケット"にも類似の機能が盛り込まれている。

担当者によると、この"Honda Link"の展開は世界的な展開を予定しているとのことだが、まずは先駆けてタイからリリースされるとのことだ。オーナーには便利な機能が満載なので、一日も早く日本への導入も期待したい。

"Honda Link"の他の機能も含め気になる方は是非動画をチェック!

【PR】ホンダ車の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!
Related Gallery:2015 Ford Focus: Geneva 2014


<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Acer TravelMate Timeline laptops hands-on

Related Gallery:Escape From Lion's Arch

Related Gallery:Rockchip Android 2.1 Phone

Related Gallery:Nissan Leaf press images

Related Gallery:Tobii and Lenovo's eye-controlled laptop at CeBIT 2011


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Samsung Galaxy Nexus Hands-On

Related Gallery:Droid RAZR vs Droid Incredible 2 vs iPhone 4 vs LG Marquee

Related Gallery:Galaxy / Nexus Android-Familienfeier

Related Gallery:eFun aPen A5: Hands-On

Related Gallery:Lytro Pressebilder