Related Gallery:


ジュネーブモーターショーで、ドイツのチューニングメーカー、マンソリーランボルギーニ「アヴェンタドール」のチューニングモデルをお披露目した。「カルボナード」と名付けられた同車は、昨年のショーでお披露目された明るいオレンジ色のボディとは対照的に、カーボンファイバー素材をむき出しにした黒のボディとなっている。

通常、マンソリーは車のパフォーマンスよりも、外観に重点を置いて改造を施すそうだが、カルボナードはカーボンファイバー製のパーツを多用して、軽量化が図られている。



さらに6.5リッターV12エンジンは、最高出力754hp、最大トルク76kgmにパワーアップされているという。カルボナードが、ただでさえ猛獣のようなアヴェンタドールよりも"より速い"ことは間違いないだろう。

もし、他にはないユニークなランボルギーニ「アヴェンタドール」をお求めなら、カルボナードに改造することをぜひお勧めしたい。

詳細が気になる方は、プレスリリース(英語)もどうぞ。

【ジュネーブ2012】"速さ"と"見た目"を追求! マンソリーチューンの「アヴェンタドール」

By Jeffrey N. Ross
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:


【PR】カルボナードの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Sony ALTUS ALT-SA31iR, AIR-SW10Ti, ALT-SA32PC, y ALT-A33PC

Related Gallery:LG Optimus G2 filtrado

Related Gallery:

Related Gallery:Disney's Enchanted Christmas

Related Gallery:


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:GE VSCAN

Related Gallery:Nikon D5100 HK Press Con

Related Gallery:USB COOL

Related Gallery:Motorola Xoom China

Related Gallery:Fujitsu LOOX F-07C could be phone with Windows 7 and Symbian