【ジュネーブ2013】ランボ製V10を搭載したイタルデザインの「パルクール」
Related Gallery:

Related Gallery:Animals With Spots


フォルクスワーゲン傘下のイタルデザイン・ジウジアーロが、ジュネーブモーターショーのプレビューイベントで、コンセプトカーの「パルクール」を発表した。

パルクールは、まるでオフロード走行可能なランボルギーニ「ガヤルド」のようだ。この4輪駆動車は、ミッドシップに最高出力550hpのランボルギーニの5.2リッターV10エンジンを搭載している。

イタルデザイン・ジウジアーロによると、パルクールの車重は約1,540kg。0-100km/hはわずか3.6秒で最高速は200mphだという。最低地上高は210mmから330mmまで、電子制御で調整が可能。走行モードは「コンフォート」「オフロード」「凍結路面」「サーキット」の4つが用意されている。



公式発表によると、フォーミュラーカーなどに使われているプッシュロッド式をもとに新開発したサスペンションも搭載しているという。この新しいサスが、ユニークなのはプッシュロッドの代わりに、各コーナーに2本ずつ、合計8本のコイルオーバーを装備した点だ。サーキット走行モードではそのうち4本のみを使用し、車高をギリギリまで下げることができるそうだ。また、7速デュアルクラッチATトランスミッションは、"オート"と"スポーツ"の切り替えが可能だ。

かなり驚きを持って迎えられたパルクールだが、実際の走りが楽しみでもある。詳細が気になる方はプレスリリース(英語)もチェックしてみよう。また、ギャラリーには、イベントでお披露目されたハードトップの他にロードスターの写真も用意したので、是非、楽しんでいただきたい。

By Jeremy Korzeniewski
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】パルクールの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:

Related Gallery:Animals With Spots


<ジュネーブモーターショー開催中>
Related Gallery:Kegbot Interface

Related Gallery:Miix 2 10 hands on

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:Olympus 自动镜头盖动手玩(Hands-on)


<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Lego Mindstorms EV3, nuevos modelos - Im&aacutegenes de prensa

Related Gallery:Lego Mindstorms EV3, un vistazo más de cerca

Related Gallery:Sony Xperia UL

Related Gallery:Worst Newspaper Typos

Related Gallery:


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:HP dv6(old)and Envy

Related Gallery:thinkgeek playmobil apple store

Related Gallery:iPad G-Form Sleeve

Related Gallery:Sony z200ir

Related Gallery:Toshiba TG01 hands-on and video walkthrough