MINIから、ダカール・ラリー2連覇を記念する特別限定モデルが登場!
MINIジョン・クーパー・ワークスは 1日、「MINI ALL4 レーシング」が2013年のダカール・ラリーで優勝したことを記念する特別限定モデル「MINI JCW カントリーマン ALL4 ダカール・ウィナー 2013」を発表した。

Related Gallery:

 
2009年からサハラ砂漠を離れ南米を舞台に開催されているダカール・ラリーは、"世界一過酷なラリー・レイド競技" として知られる。今年は1月5日にペルーの首都リマでスタートして南米大陸を南下、アンデス山脈を越えてアルゼンチンを通過し、19日にチリの首都サンティアゴでゴールを迎えた。約8,500kmの距離を38時間32分39秒というタイムで走破し、4輪車部門で優勝したのは昨年の覇者、X-Raidチームから参戦したMINI ALL4 レーシング。2連覇を達成したこのMINIは、姿形こそ街で見掛ける「MINI カントリーマン(日本名:クロスオーバー)」とよく似ているが、中身は鋼管フレームに最高出力307hp/3,250rpm、最大トルク71.4kgmを発揮する排気量2,993ccのBMW製ディーゼル・エンジンを搭載したラリー・マシン。昨年に引き続きステファン・ペテランセルとジャン-ポール・コトゥレのコンビによって優勝に導かれたこの302号車の、ブラックとグリーンのカラーリング・イメージを市販車のMINI カントリーマンに取り入れた優勝記念特別限定モデルが、今回発表された「MINI JCW カントリーマン ALL4 ダカール・ウィナー」だ。




ベースとなっているモデルは、4輪駆動システムを持つSUV仕様MINI、「MINI カントリーマン ALL4」の最強グレードである「ジョン・クーパー・ワークス(JCW)」。エクステリアには優勝マシンと同じグリーンを用いながらも、カラーリングはいわゆる「ラリーカー・レプリカ」にはせず、街乗りにおけるファッション性を重視してアレンジ。マット・ブラックで塗られたボディにはブライト・グリーンのストライプが入れられ、ボンネットにダカール・ラリーで2年連続優勝したことを表すロゴとペテランセルのサインが描かれている。フロント・ドアには優勝したMINI ALL4 レーシングとお揃いの「302」番のゼッケンが。インテリアの写真は公開されていないが、プレス・リリースに書かれている説明によるとやはり黒と緑でコーディネートされているそうで、シフト・ブーツやフロアマットにはグリーンのスティッチが入れられ、レザー張りスポーツ・シートのヘッドレストにダカール・ウィナーのロゴが刺繍されているという。ブラックで統一されたトリムのセンター・コンソールにはボディ外装同様グリーンのストライプが入り、シリアル・ナンバーの刻まれたプレートがグラブ・コンパーメントの上に付くそうだ。

最高出力218ps/6,000rpmと最大トルク28.6kgm(オーバーブースト時は30.6kgm)/1,900-5,000rpmを発生する1.6リッター直列4気筒直噴ターボ・エンジンや、ALL4と呼ばれる4輪駆動システムなど、メカニカル・コンポーネントはカタログ・モデルの「JCW カントリーマン」と共通。だがダカール・ラリーではこの一般に市販されているモデルが、車高を上げるなどのモディファイを加えただけで厳しいコースをラリー・マシンに同行し、サポートカーとして活躍したほど市販スペックでも十分、本格的な実力の持ち主なのだ。




MINIと呼ぶにはやや大き過ぎるカントリーマンが、それに相応しい迫力と存在意義を半ば開き直って発散させたような、この "ダカール・ウィナー"。残念ながらペテランセルの母国フランス向けとしてのみ、彼がダカール・ラリーで挙げた11勝に因んで11台が限定生産・販売されるという。ベテランセルを応援していたMINIファンは他の国にも大勢いると思うのだが...。以下のギャラリーからせめて画像だけでも、ご覧いただきたい。ついでにダカール・ラリーで優勝したMINI ALL4 レーシングの勇姿もどうぞ。

Related Gallery:

 
Related Gallery:

 
<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Nokia N900 in HK

 
Related Gallery:Haier Flybook V5/VM

 
Related Gallery:Nokia Lumia 928 para Verizon

 
Related Gallery:ASUS Zenbook U500 - IFA 2012

 
Related Gallery:Android as well as Windows Phone, looks confused

 
<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Samsung Galaxy Nexus Kamerabilder

 
Related Gallery:Designer Androids

 
Related Gallery:Art Lebedev Optimus Popularis

 
Related Gallery:Whill: Rollstuhl trifft Segway

 
Related Gallery:Hands-On: Samsungs WiFi-Kameras