出力は1200hpでお値段は7000万円!? スペイン初のスーパーカーがよりパワーアップ!
まもなく開催するジュネーブモーターショーに、スペインのオートメーカー、Spania GTAのGTA「スパーノ」がバージョンアップして登場するようだ。

スパーノといえば2009年、F1ヨーロッパグランプリの開催地であるバレンシアで華々しいデビューを飾ったスペイン初のスーパーカー。ダッジ「バイパー」から供給された最高出力780hp の8.3リッターV10エンジンを搭載し、そのパワーが世界の名だたるスーパーカーにも引けを取らないと話題となった。

そして2011年のジュネーブモーターショーでは、市販型プロトタイプを発表。そして昨年、その市販型の完成品がお披露目された。カーボンファイバー、ケブラー、チタンを多用した市販型のボディは、プロトタイプのものよりもさらなる軽量化が図られ、足回りにはAPレーシング製の6ピストン・ディスクブレーキや、スーパーカー御用達のピレリのPゼロ・ロッソ・タイヤが装着されていた。0-60mphは2.9秒、最高速217mphという驚異的な数字だった。また、オプションのバイオエタノール使用時には、最高出力はなんと820hpまでアップ。生産台数は当時、99台限定ということだった。

そして、今回3度目のお披露目となるジュネーブモーターショーの舞台でスパーノは、さらなる進化を遂げた姿を見せてくれるという。噂によると、最高出力は900hpから1200hpという驚異的なパワーを発揮し、最高速もこれまでの217mphを優に超えるだろうと言われている。また、モデル名は「スパーノR」となる可能性があり、その後、ロードスターが発表されるのではないかと見られている。

残念ながら、この他の詳細についてはモーターショーまでお預けとのこと。ちなみに、お値段は57万ユーロ(約6900万円)となるらしいが、それはさておき、一刻も早くバージョンアップされたスーパーカーにお目にかかりたいものだ。

By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】スパーノの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Assassin's Creed: The Fall

Related Gallery:Ginebra 2011: Smart ForSpeed Concept

Related Gallery:Range Rover Evoque 2014

Related Gallery:First Impressions: Runes of Magic

Related Gallery:DC Universe Online (11/5/10)


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Windows Phone 7 platform updates from MIX 11

Related Gallery:Nokia E6 hands-on

Related Gallery:HTC Sensation versus Incredible S and Desire S (hands-on)

Related Gallery:Cadillac XLR-V 2007

Related Gallery:Mercedes G230 se accidenta