【ノスタルジック2デイズ】走行距離わずか2,481km! 新車同然のR32型「日産 スカイライン GT-R」!
前回の「マツダ サバンナ RX-7」に続いて、旧車イベント「ノスタルジック2デイズ」の出展車両から、今回は日産がレースに勝つことを目的に16年ぶりに復活させた「スカイライン GT-R」をご紹介。なんと走行僅か2,000kmで車庫保管されていた奇跡の個体を、さらにフルレストアしたという超極上車であった。

Related Gallery:Mini New Originals contest

 
1989年、「R32」型と呼ばれる8代目「スカイライン」をベースに3ヶ月遅れて登場した「スカイライン GT-R」は、当時グループA規定によって行われていた全日本ツーリングカー選手権で「2年間は絶対負けないクルマ」を目指して開発されたという。そのため、フロントに搭載される直列6気筒ツインターボ「RB26DETT」エンジンの排気量は2.6リッター(2,568cc)とあまり類を見ない中途半端な数字となった。これはレースの規定によってターボ・エンジンには係数1.7が排気量に掛けられるため、4.5リッター・クラスに参戦することを狙って決められたものだ。最高出力は当時の自主規制に従って280ps/6,800rpmに "抑えられて" いたが、レース用にチューンすれば600馬力を発揮することも想定されていた。このハイパワーは電子制御トルクスプリット4輪駆動システム「アテーサ E-TS」を介し、通常は後輪に100%、走行状況に応じて前輪にも最大50%の駆動を伝える。4輪マルチリンク式のサスペンションには、計算された舵角を後輪にも与える電子制御4輪操舵システム「SUPER HICAS」を搭載。ボディはスカイラインの2ドア・クーペをベースにしていたが、225/50R16サイズのタイヤを収めるために前後フェンダーの幅は拡げられ、トランクリッドにはリア・スポイラーを装着。ボンネットとフロント・フェンダーはアルミ製となり、左右ヘッドライトの間にはより多くのエアを吸入するためにグリルが設けられた。



このクルマが生まれた背景は、1つは前述の通り、レースで勝つため。しかも全日本ツーリングカー選手権の完全制覇は言うに及ばず、スポット参戦としてヨーロッパから遠征組が押し寄せる「インターTEC」で、3連覇しているフォード シエラ RS500を破り優勝を果たすこと。海外へ正規には輸出されなかったR32型GT-Rではあるが、最初から世界のライバルたちを見据えていたのである。

そしてもう1つ、当時の日産は通称「901運動」と呼ばれる「1990年までに操縦安定技術世界一を目指す」という目標を掲げていた。そんな社内の士気を最も反映する日産最高峰のクルマとして開発されたGT-Rは、街乗りの快適性を無視した単なる「レース用ベース車」ではなく、「世界に通用するグランツーリスモ」を作ろうという意思がそこに込められることになる。日産の開発チームはGT-Rを世界一過酷な道、ドイツ・ニュルブルクリンクに持ち込み、鍛え上げることで「世界レベル」を目指した。彼の地が今なおGT-Rと呼ばれるクルマの、もう一つの故郷となっていることはご存じの通りだ。また、日産とGT-Rの世界に向けた挑戦は、日本の他の自動車メーカーを刺激して数々のフォローを呼び、結果として日本製スポーツ・モデルのハンドリング性能は飛躍的に向上することになる。



1990年3月18日、西日本サーキット(現在のMINEサーキット)で開幕した全日本ツーリングカー選手権において、注目のデビューを飾った2台のスカイライン GT-Rはいきなり1・2フィニッシュを達成。3位以下の車両を全て2周以上遅れにするという異次元の速さを見せつけた。それから4年間、1993年シーズンを以て全日本ツーリングカー選手権のグループA規定が変更になるまで無敗を誇り、全レースを完全制覇、29勝を挙げる。販売は国内限定にもかかわらず性能的には世界を目指したGT-Rは、ル・マン、デイトナと並んで「世界三大耐久レース」と呼ばれる、中でも市販車改造ツーリングカーによって競われるスパ・フランコルシャン24時間レースにも出場。1990年にグループNでクラス優勝を果たした後、翌1991年にはグループAにも参戦し、2位を20周引き離して見事総合優勝に輝いている。



年号が平成に切り替わったばかりの日本で、それまでの "昭和の日本車" とは一線を画す性能と伝説の称号を与えられて登場したBNR32型スカイライン GT-R。その後継として登場したR33、R34、そして現行型R35「日産 GT-R」まで、代々性能は向上しているものの、コンパクトで軽量で華々しい戦績を残した「サンニイ」が1番好き、と今でも思っている人は少なくないだろう。現行型GT-Rではなく、出来ることなら32型GT-Rの新車が欲しい。そんなことを思う人もいるかも知れない。どうやらそんな願いは、(多少の妥協はいるものの)まったく夢物語というわけではなさそうなのだ。



専門店から工場まで、広島県に複数店舗を構えるis GROUP(井原自動車)のブースで、前回ご紹介したSA22C型初代「マツダ サバンナ RX-7」の隣に置かれていたスカイライン GT-Rは、平成2年9月に新車登録されたワンオーナー車で、走行距離はなんと僅か2,481km。しかも、GT-Rといえばどこかしら改造されたクルマが多い中、稀少かつ貴重なフル・ノーマル車だ。専用品の16インチ鍛造アルミホイールやフロアマットも純正品がそのまま残され、ステアリング・ホイールとシフト・ノブの革、シートの表皮も、擦れた傷みひとつ見当たらない。それどころか、(信じないかも知れないが)ドアを開けるとまだ "新車の匂い" がしたほどである。




もちろん、いくら走行距離が少なくても、走らせずに置かれているだけでもクルマは傷む。is GROUPのスタッフの方によれば、エンジンをはじめとする機関は「降ろして全てバラし、足回りも含めて組み直した」という。32型GT-Rのイメージ・カラーでもあったガングレーメタリックのボディ・カラーは純正色で再塗装したそうだが、内装に関しては「(クルマが)来たとき、本当に2,400km "も" 走ってるの!? って思ったくらい」新車同然だったそうで、特に「何もやっていない」そうだ。

is GROUPの調べによると、当時新車で4万3,661台が販売されたR32型スカイライン GT-Rのうち、現在走行距離が1万km以下の個体は全国に3台が確認されているという。その中でも「フルレストアされたクルマは全国にこれ1台のみ」だそうだ。そんな稀少な実車を目にした印象としては、「フルレストア(復元)」というよりも「リセット(組み直し)」されたという感じ。それだけ自然なのである。1989年当時、日産のショールームで見たときのまま。いや、ショールームに置かれて多くの人が触ったりシートに座ったりした新車よりも、このクルマの方が綺麗かも知れない。




販売価格は、こちらもRX-7同様「今回のイベント限定で」、消費税込み399万円。ちなみに1989年当時の新車価格は445万円だった。その頃憧れていた人が今この現車を見たら、思わず「安い!」と感じるのではないかと思う。何しろ、20年以上もの間ほとんど乗らずに保管、というより "保存" されていただけでなく、手間と時間を掛けて各部をリフレッシュさせた個体なのだ。もちろん取扱説明書や整備手帳、保証書などドキュメント類は全て揃っている(ステアリング・コラムには、新車時に付属する「ターボチャージャー付車両使用上のご注意」が書かれたタグまで残っていた!)。本当に、"新車の32R" を買う気分になれそうだ。そこまで言うのは言い過ぎというなら、ボディ・カラーは選べないし走行距離計の数字は幾分刻まれているので、いわゆる "新古車" に近いと言うべきだろうか。いずれにせよ、千載一遇のチャンスに違いない。過去の憧れをモノしたい方、あるいはかつて所有した32型が忘れられないという方は、以下のサイトをご覧の上、お問い合わせしてみてはいかがだろう? 「乗るのがもったいない」という声も聞こえてきそうだが、やはり走らせてこそ「R」の称号は活きるというもの。ノーマルのまま長く余裕を持って楽しまれるのもよし、チューニングしてRB26の実力を解放してやるのもよし。23年ぶりに2人目のオーナーとなる人にのみ許された権利である。


is GROUP Official HP



Related Gallery:Mini New Originals contest

 
【PR】GT-Rの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Underboob

 
Related Gallery:Olympus PEN E-PL1 press shots

 
Related Gallery:Tame cube concept

 
Related Gallery:ASUS Taichi

 
Related Gallery:

 
<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Nokia E6 hands-on

 
Related Gallery:Motorola Xoom China

 
Related Gallery:Samsung Galaxy S II camera samples

 
Related Gallery:ASUS UX Series ultraportable notebooks

 
Related Gallery:Qualcomm twins show girls