ボルボ・カーズ・ジャパンは26日、5ドア・ハッチバック「V40」に2種類の派生モデル「V40 T5 R-DESIGN」と「V40 Cross Country T5 AWD」をそれぞれ4月と5月に発売すると発表。先行予約受付を開始した。コンパクトなV40に5気筒ターボを搭載した、スポーツ・グレードとクロスオーバーSUV仕様である。

Related Gallery:Fuji X-T1 hands-on

 


日本では2月19日に発売されたばかりのV40は、いわゆるCセグメントに属する、ボルボのラインアップ中で最も小さなモデル。そのフロントに積まれる1.6リッター直列4気筒直噴ターボに替えて、最高出力213ps/6,000rpmと最大トルク30.6kgm/2,700〜5,000rpmを発揮する2.0リッター直列5気筒ターボを搭載し、ロアー・グリルが拡大されたフロント・バンパーやディフューザー付きリア・バンパー、デュアル・スポーツテールパイプで武装したボディと、専用スポーツ・サスペンションに18インチ "Ixion" アルミ・ホイール&225/40R18タイヤで強化された足回りを与えられたホット・モデル、それがV40 R-DESIGNだ。



インテリアには、座面と背もたれにスポーティなパーフォレーテッド・レザーを使用したシートや、シルクメタルのスポークとエンブレムが付く専用デザインのステアリング・ホイール、アルミニウム・パネルなどを装備。液晶デジタルメーターもブルーを基調とした専用テーマカラーが採用されている。価格は399万円。鮮やかなレーベルブルーのボディ・カラーはR-DESIGNの専用色だ。


Related Gallery:Casio EX-100 HS hands-on

 
そしてもう1台、V40 Cross Countryは、最近流行のハッチバック車をSUV風に仕立てたクロスオーバー・モデル。同種のモデルの中には車高を上げても駆動輪は前輪のみまま、というものも少なくないが、スウェーデン生まれ(が関係しているかどうかは分からないが)のボルボでは、V40の車高を30mm上げる(ルーフレール込み)と同時にハルデックス製第5世代の電子制御AWD(全輪駆動)システムを搭載することで、「オールロード、オールウェザーの走破性」を備えているという。



マットなグラファイト・カラーで効果的に塗り分けたフロント・バンパーはシルバーのアンダーガード風プレートが組み込まれ、その左右にLEDライトを装備。リア・バンパーにはロゴが刻まれたスキッド・プレートが備わる。ただしサイドのスカッフ・プレートは、楕円型ダブル・エキゾースト・エンドパイプやリアのアンダー・バンパーなど、よりヘビー・デューティなイメージを増幅させる「エクステリア・スタイリング・キット」に含まれるオプション(15万7,185円+取付工賃2万160円)。最低地上高が10mm引き上げられた足回りには、17インチ "Larenta" ホイールに225/50R17タイヤが組み合わされる。エンジンはR-DESIGNと共通の2.0リッター直列5気筒ターボ。両モデルともトランスミッションはベース車のV40と同じく6速湿式デュアルクラッチ・トランスミッション「ギアトロニック」のみの設定となる。

センター・コンソールに貼られるパネルは、カッパートーンのアルミニウム。素敵な2トーンの本革シートは標準モデルのV40同様、レザー・パッケージというオプション(20万円)だが、その分、4輪駆動となるわりに価格は抑えられており、R-DESIGNより40万円も安い359万円と発表されている(いずれも消費税込み)。



どちらのモデルもベース車のV40同様、充実のハイテク安全機能「セーフティ・パッケージ」を20万円という価格で装備可能(詳しくはV40の紹介記事をご参照)。低速用追突回避・軽減オートブレーキ・システム「CITY SAFETY」は標準装備だ。排気量とシリンダー数が増えたことで気になる燃費は、V40 R-DESIGNがJC08モードで13.2km/リッター、4駆ということでそれより40kgばかり重くなるV40 Cross Countryは12.4km/リッターと発表されている。




英国ツーリングカー選手権にも参戦していた1990年代のヒット作「850」以来受け継がれて来た "5気筒ターボ" の証、「T5」の文字を名前に持つ、V40 T5 R-DESIGNとV40 Cross Country T5 AWD。スポーツ・グレードとクロスオーバー仕様はもはやニッチとは呼べないほど、このクラスのクルマなら揃っていて当たり前のバリエーションとなっている。"素" のV40を買いに販売店を訪れた人の中で、果たしてどれくらいの人がこちらを欲しくなってしまうだろうか。コンセプトを明快に現した内外装の仕立ては、なかなか強力な誘惑を発するかも知れない。クルマ好きな人ほどご注意(?)を。

詳しいスペックやカラー・バリエーション等については、以下のリンクから公式サイトをどうぞ。


ボルボ V40 R-DESIGN:ボルボ・カー・ジャパン

ボルボ V40 CROSS COUNTRY:ボルボ・カー・ジャパン


ベースとなったV40について、以前書かせていただいた記事はこちら。ご参考までに。

「ボルボ、安全でパワフルなコンパクト・ハッチバック「V40」発売!」


Related Gallery:Fuji X-T1 hands-on

 
Related Gallery:Casio EX-100 HS hands-on

 
【PR】V40の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!


<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:͸¹ý Remote Disk ÖØа²×°

 
Related Gallery:Manga Ormolu

 
Related Gallery:Logitech AudioHub

 
Related Gallery:Robots, robots, robots (and other stuff) at Nextfest 2007

 
Related Gallery:HP Pavilions Presarios Notebook

 
<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:iPad G-Form Sleeve

 
Related Gallery:old dv6 Bench

 
Related Gallery:GE VSCAN

 
Related Gallery:Samsung Galaxy S II user interface

 
Related Gallery:ViewSonic ViewPad 7x