【ビデオ】「ブレーキがっ!」 米でその成り行きが注目されるヒュンダイ車の暴走事故 
昨年の12月、アメリカ、テキサス州北部のハイウェイで、ヒュンダイ2011年型「エラントラ」のブレーキが利かなくなり暴走するという事件が起こった。今回は、その様子を伝えたニュースをご紹介しよう。

エラントラを運転していたのは、16歳のエリズ・ルシャ君。彼は、車のブレーキが効かくなくなったことに気づき、すぐに携帯から警察に通報。警察から、ブレーキを全体重で踏み込む、車のエンジンを切る、シフトをニュートラルに入れるなど様々な指示を受けたが、どれも効果がなかったという。車は時速120マイルのまま暴走を続け、最終的に警察はハイウェイを通行している他の車にパトカーから注意を呼びかけ、エラントラの燃料が尽きるのを待ったという。

その後90分間も暴走を続けたエラントラは、トラックを避けようとしてコントロールを失い、4回転してようやく停止した。ルシャ君は、意識はあったものの、骨を複数折る重傷を負ったという。しかし、人口が密集する場所での事故を避けようと、ハイウェイを降りずに走行を続けたルシャ君の判断には、警察から称賛が送られたそうだ。

ヒュンダイの担当者はこの事故を受けて、「ブレーキ、アクセル、トランスミッションの全てが、同時に、しかも突如として不能になる可能性は極めて低い」とローカルニュース番組『WFAA』にコメントしている。だが、その一方で、今回のルシャ君のケースについて、原因解明に向け調査する方針を明らかにした。

それでは、この事件を伝えたニュースを早速ご覧いただこう。




By
Zach Bowman
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【捕捉】rakugakidou.net

■関連記事
北京市の大気汚染の影響でヒュンダイの工場が操業ストップ!
【レポート】FTAで韓国内の国産車の売り上げが下落 トヨタ、ホンダにはチャンス!?
燃費水増し問題発覚前に自社株を売却! ヒュンダイ・起亜にインサイダー取引の疑い

■水増し問題
【レポート】ヒュンダイと起亜が燃費水増し問題の補償金として375億円を準備
【レポート】ヒュンダイの燃費水増し問題の発覚は他社からのタレこみがきっかけ!?

ホント!? ヒュンダイが発表した「燃費水増し問題の対応に9割が満足」というデータ
【レポート】燃費水増し問題で、米でのヒュンダイと起亜の人気が急降下!
【レポート】ヒュンダイの燃費水増し問題のおかげでホンダが米市場で返り咲き!?
【レポート】ヒュンダイの燃費水増し問題はまだ終わらない! オハイオ州で新たな訴え
ヒュンダイが燃費水増しで補償金支払いへ 原因については「ついうっかりして...」

【PR】ヒュンダイの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!


<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:

Related Gallery:Alcatel One Touch Hero

Related Gallery:Honda S2000 Club Racer

Related Gallery:

Related Gallery:


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Fujitsu LOOX F-07C could be phone with Windows 7 and Symbian

Related Gallery:Motorola Xoom China

Related Gallery:USB COOL

Related Gallery:Aston Martin Rapide

Related Gallery:Battlefield 3 (9/15/11)