【レポート】メカの説明はお任せ! BMWがアップル流の技術専門スタッフを店舗に BMWは、アップルストアの技術専門窓口「ジーニアス・バー」にならい、ショールームに来店した客に技術的な説明をするスタッフ、「ジーニアス」を配置することを決めた。

これはBMWが「BMW・ジーニアス・エブリウェア」と銘打ったプログラムで、若手中心に構成されたジーニアスが担当するのは車の特徴(中でもパワートレインなどのメカニズムに詳しいという)についての説明のみ。セールスは一切しない。もし客が購入を希望すれば、その後は営業担当者に引き継がれるという仕組みだ。

イギリスのショールームで試験的にジーニアスを配置したところ、販売の増加につながったため、BMWは今後ヨーロッパ全土でこのプログラムを導入していくという。米国では、小型EV「i3」の発売に合わせ、年末までには実現したい考えだ。まだ調整の段階にあるものの、将来的には各ディーラーに1名ずつの配置を目指している。

さらに米BMWは、ショールームの敷居が高いという消費者に向け、ウェブサイト上で気軽に製品の説明が受けられるプログラムを新たに開設するという。こちらも今年の後半に完成予定で、iPhoneやiPadのアプリも登場するとのことだ。

By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】BMWの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:KDDI Xmini

Related Gallery:ASUS UX32vd 外觀

Related Gallery:Rockchip Tablet

Related Gallery:Facebook on BlackBerry 10

Related Gallery:Dell Mini 5 hands-on at MWC 2010


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:USB COOL

Related Gallery:Motorola Xoom China

Related Gallery:Fujitsu LOOX F-07C could be phone with Windows 7 and Symbian

Related Gallery:Lytro Lightfield Hands-On

Related Gallery:Lytro Pressebilder