【ビデオ】デロリアンが初号機の姿となってユニバーサルスタジオに復帰!
Related Gallery:Nintendo announces DSi


映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』3部作に登場するタイムマシン、デロリアン「DMC-12」がおよそ1年にわたる修復作業を終え、ユニバーサルスタジオ・ハリウッドに帰ってきた。

ユニバーサルスタジオの修復チームは、展示されていたデロリアンを解体し、プルトニウムを燃料とするフラックス・キャパシター(次元転移装置のこと)などを復元。映画1作目で登場したときのデロリアンの姿を忠実に再現した。ちなみにデロリアンは1作目の後半では雷で、2作目では生ゴミを電源として走れるよう改造されたため、それにともない外観にも手が加えられていた。

今回のプロジェクトに関して、ユニバーサル側からの正式発表はまだないが、修復チームがデロリアンの完成映像を公開しているので、ぜひご覧いただきたい。また、詳しい写真を見たい方は、彼らのフェイスブックを覗いてみよう。




By Michael Harley
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:Nintendo announces DSi


■デロリアン関連記事
【ビデオ】映画『バック・トゥ~』のデロリアン修復プロジェクト! 修復は目前?!
映画『バック・トゥ~』のデロリアン第1号車が完全修復へ!

映画で有名な「デロリアン DMC-12」、実車は一体どんなクルマ? オーナーにも訊いてみた!

【ビデオ】あの水の上を走るデロリアンがよりグレードアップした水上走行を披露!

【ビデオ】来年発売! 日本から生まれた『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のレゴセット
【ビデオ】'13年に発売予定のデロリアンEVに試乗!
価格は3000万円以上! 『バック・トゥ・~パート3』で実際に使用されたデロリアン
【レポート】価格は700万円前後? あのデロリアンがEVとして2013年に復活!

【PR】デロリアンの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Sharp Aquos XS1

Related Gallery:Sony's 0.3mm OLED

Related Gallery:HP EliteBook china

Related Gallery:T-Mobile G1

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:Synaptics Sensa en nuestras manos


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:hand on Archo 5 1

Related Gallery:Android at Home

Related Gallery:AUO's 71-inch Cinema Scope 3D LCD panel eyes-on

Related Gallery:In pictures: Jaipur, Rajasthan

Related Gallery:

Related Gallery:Sharp GALAPAGOS hands-on (CEATEC 2010)

Related Gallery:Prison Gangs