Related Gallery:Nokia 6700 slide


北米ではサイオン「FR-S」、ヨーロッパでは「GT86」として販売されているトヨタ「86」。今回はトヨタの86チーフエンジニア、多田哲哉さんによる86の開発秘話をご紹介しよう。

トヨタUKの『Toyota Blog』によると、2007年、トヨタの役員会議で世界中の若者が車への興味を失っているという話が出た。その1カ月後、多田さんは突然、スポーツカーの開発を任されたという。「当時ミニバンの開発を担当していましたが、役員に呼ばれ、ミニバンではなく『スポーツカーを作れ』と言われました」と彼は語っている。

その後、多田さんはスバルと共同で86の開発をスタートさせるが、FRにするか4WDにするかだけで6カ月も結論が出なかったという。それぞれ伝統を持った2大メーカーがタッグを組むというのは容易なことではなかったようだ。開発エピソード(英語)には、このような話が盛りだくさんとなっている。興味のある方はこちらもチェックしてみよう。

By Seyth Miersma
翻訳:日本映像翻訳アカデミー
Related Gallery:Nokia 6700 slide


【PR】86の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!


<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Sony Ericsson Satio in Hong Kong

Related Gallery:Panasonic LUMIX DMC-G3

Related Gallery:BBK vivo S7 hands on

Related Gallery:A visual tour of Android's UI

Related Gallery:PSP Go Handson



<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:HP dv6(old)and Envy

Related Gallery:old dv6 Bench

Related Gallery:Rockchip Android TV R-BOX

Related Gallery:Rockchip android 2.3 29xx tablet

Related Gallery:HTC Sensation 4G