三菱自動車は、3月開幕のジュネーブモーターショーで、「Concept GR-HEV(コンセプト・ジーアール・エイチイーブイ)」と「Concept CA-MiEV(コンセプト・シーエー・ミーブ)」という2台のコンセプトカーを公開する予定だ。

Concept GR-HEVは、環境性能と走行性能を両立した「スポーツユーティリティートラック(SUT)」をコンセプトに、三菱が長年手がけてきたピックアップトラックに初めてディーゼルハイブリッドシステムを採用。クリーンなディーゼルエンジンと、高性能なモーターバッテリーの組み合わせで、高い環境性能を実現している。また、「ランサーエボリューション」にも搭載されている「Super All Wheel Control(車両運動統合制御)システム」と、「スーパーセレクト4WD」を採用しており、オンロードの走行だけでなく、オフロードでも高い走行性能を発揮するという。

一方、Concept CA-MiEV(写真)は、同社の量産型電気自動車「i-MiEV」の性能をさらに高めた次世代EVだ。高効率EVシステム(モーター、インバーター、回生ブレーキ、非接触充電システム)、高エネルギー密度バッテリーといった次世代EV技術の採用で、航続可能距離300kmを実現しているという。

ジュネーブモーターショーでのお披露目が楽しみだが、その前にプレスリリースで、詳細をチェックしてみよう。

By Chris Paukert
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:Hands-on with Powermat


【PR】次世代EV車の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Dell's Studio Hybrid

Related Gallery:Sonos gets official on ZP120 and ZP90, but no new controller

Related Gallery:Fujifilm FinePix X100 hands-on at Photokina 2010

Related Gallery:Nikon Coolpix S9100 press images

Related Gallery:Phillip Seymour Hoffman


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Samsung Galaxy S II user interface

Related Gallery:OPPO Android Phone New UI

Related Gallery:ASUS announced the Padfone

Related Gallery:ASUS UX Series ultraportable notebooks

Related Gallery:ASUS Padfone first hands-on