Related Gallery:


ロッキー山脈東端の山、パイクスピークで毎年開催される「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」。第91回目となる今年は6月30日から行われる予定だ。

コースは昨年同様、標高2862mからスタートし、4301mまで一気に駆け上がる全長19.99km。ゴール地点は、連邦航空局(FAA)が酸素マスクの着用を義務づけるレベルの酸素濃度だ。この過酷なレースに、フランス、イタリア、日本、ラトビア、スウェーデン、ブラジル、カナダ、イギリス、ハンガリー、チェコ、ポーランド、ベルギーなどのチームがエントリーを決めている。

今回の注目はやはりエレクトリッククラスでのロッド・ミレン(61)と田嶋伸博(62)によるベテラン対決だろう。ロッド・ミレンは昨年の優勝マシン、トヨタ「TMG EV P002」に乗り、モンスター田嶋は昨年マシントラブルを起こした「モンスタースポーツE-RUNNER」で再び挑戦するという。

また、リース・ミレンは2013年型ヒュンダイ「PM58OT」でエントリーし、彼が昨年乗ってコースレコードを記録したヒュンダイ「ジェネシスクーペ」には、ポール・ダレンバックが乗るという。

詳しくはプレスリリース(英語)をどうぞ。また、チケットはPPIHC公式サイトで購入できるので、興味のある方はチェックしてみよう。

By Michael Harley
翻訳:日本映像翻訳アカデミー 

Related Gallery:


【PR】EV車の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:


Related Gallery:ASUS Eee PC X101 hands-on
%20
Related Gallery:ViewSonic ViewPad 7x
%20
Related Gallery:Qualcomm twins show girls
%20
Related Gallery:Vodafone charging truck
%20
Related Gallery:CUPP PunkThis hands-on
"> <人気フォトギャラリー>
Related Gallery:ASUS Eee PC X101 hands-on

Related Gallery:ViewSonic ViewPad 7x

Related Gallery:Qualcomm twins show girls

Related Gallery:Vodafone charging truck

Related Gallery:CUPP PunkThis hands-on