F1の2013年シーズンが、3月のオーストラリアGPで幕を開ける。それに先がけてマクラーレンが2013年シーズンのF1マシン「MP4-28」を発表したのでお伝えしよう。
>>気になるマシンとは

まず大きな変更点は、フェラーリも昨年から採用しているプルロッド式のフロントサスペンションの導入だ。また、サイドポットとリアのボディワークも変更されている。マクラーレンの言う"中身のある、大々的なデザイン変更"により、昨シーズンのようなシーズン中盤のスランプを回避したいという考えのようだ。2012年シーズンのマクラーレンは、シーズン序盤と終盤は好調だったものの、中盤は不振を極め、タイトル争いに残ることができなかった。ちなみに、マクラーレンは開幕前の2回目のテスト結果によっては、さらにこのマシンに変更を施すという。

チームのドライバーは、4年目となるジェンソン・バトンと、ルイス・ハミルトンの後任となる元ザウバーのセルジオ・ペレス。2人の乗るマシンの性能をもっと詳しく知りたい方は、2本のビデオで確認してみよう。最初のビデオは31分51秒まで全く動きがないので、それ以降から見てほしい。2本目のビデオではマシンのクローズアップを見ることができる。




By Jonathan Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】マクラーレンの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:10-inch Android new Tablet

Related Gallery:Nintendo 3DS XL / LL

Related Gallery:Pentax K-3 press shots

Related Gallery:

Related Gallery:Roger Federer vs. Raphael Nadal (1/24/14)



<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Nikon D5100 HK Press Con

Related Gallery:USB COOL

Related Gallery:Motorola Xoom China

Related Gallery:Fujitsu LOOX F-07C could be phone with Windows 7 and Symbian

Related Gallery:AUO's 71-inch Cinema Scope 3D LCD panel eyes-on