【ビデオ】超シークレットだったオーストラリアGPのライセンス費用が明るみに!
F1を1レース開催するにはどれくらいの費用が掛かるのだろうか? 実は、費用についての交渉はF1の最高権威者のバーニー・エクレストン氏と主催者側が秘密裏に行っていることから、我々が真相を知るチャンスはほとんどない。しかし、オーストラリアの新聞『ヘラルドサン』に寄せられた情報によると、レースを開催するために支払う額は相当な金額だということが分かった。
>>どんだけ莫大なの!? その金額は...


オーストラリアGPはビクトリア州のメルボルン市で開催され、州はエクレストン氏側と5年間の開催契約を結んでいる。しかし、毎年更新されるライセンス費用(州側がエクレストン側に支払う開催許可の費用)は、値上げの一途をたどり、例えば、2011年は約28億1000万円だったものが、5年後の2015年には33億6000万円にまで跳ね上がっている。2012年は29億5000万円が支払われたが、これは州の税収である約51億5000万円の約60%を占める金額に当たる。

ライセンス費用の金額が明かされたのはこれが初めてで、オーストラリアGPの主催者とオーストラリア政府は、この情報について肯定も否定もしていない。ただ、メルボルンでのF1開催が、健全なビジネスに基づいて行われているという姿勢は崩していないようだ。実際、元ビクトリア州首相のジェフ・ケネット氏は、「ビクトリア州がF1に支払っている金額は、他の開催都市に比べると少ない方である」とし、さらに「これまでビクトリア州はいい条件で契約してきたので、騒ぎ立てるのは逆に恥ずかしいこと」とも言っている。

それでは、オーストラリアGPコーポレーションのCEO、アンドリュー・ウェスタコット氏のコメントを、ビデオで早速チェックしてみよう。




By Seyth Miersma
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】ニュルブルクリンクの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう

<関連フォトギャラリー>

Related Gallery:Powertech APPSPOWER 藍牙控制電源產品動手玩(hands-on)

Related Gallery:Razer Naga 2014

Related Gallery:Nexus 5 主站動手玩(hands-on by classic)

Related Gallery:TomTom GO 720

Related Gallery:Samung EcoFit and Lavender LCD Monitor



<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:注目のダルビッシュのデビュー戦!!

Related Gallery:

Related Gallery:Alfa Romeo 8C Spider (fotos en vivo)

Related Gallery:Sony z200ir

Related Gallery:Samsung YP-M!

Related Gallery:Moller Autovolanter