【ビデオ】「へ~」! スバルがスーパーボウル用のCMに犬を使ったワケとは?
来たる2月3日(現地時間)にアメリカで開催されるNFL「スーパーボウル」。目玉の1つは、中継時に流れる自動車メーカーのCMの数々だ。多くのメーカーが莫大な費用をかけてCMを制作する中、スバルはユニークなCMを完成させたようだ。早速、公開されたスバルのティーザー4本についてご紹介しよう。

>>ティーザー4本はコチラ

新型「フォレスター」をフィーチャーした4本のCMは、すべて犬に関連したもの。実は、米のスバルのオーナーがペットを飼っている割合は、他のメーカーのオーナーに比べ2倍も多いことが関係しているのだろう。


公開された4本のCMは、それぞれ20秒間で、いずれも"犬が試乗し、犬が認めた(Dog Tested. Dog Approved)"がキャッチフレーズだ。最新作4本のうち、「Tailgate」と「On The Lot」はユーモアあふれる内容で、「Let's Talk Financing」と「Lint Roller」も、車とは直接関係のない内容だが、思わず笑える仕上がりとなっている。また、犬が登場するCMでは、フォルクスワーゲン新作CMもオススメなので、ぜひそちらもチェックしてほしい。

それでは早速、スバルのティーザー4本をご覧いただこう。詳細を知りたい方はプレスリリース(英語)をどうぞ。










By Jeffrey N. Ross
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】フォレスターの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう

<関連フォトギャラリー>

Related Gallery:HANMAC Phone Hands on

Related Gallery:CPT PixelQi 3Qi lookalike

Related Gallery:Nokia C7 & X3-02 in HK

Related Gallery:Logitech Speaker Lapdesk N550

Related Gallery:Acer Iconia Tab A700


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Kia Picanto

Related Gallery:Mazda Ryuga

Related Gallery:Mazda Hakaze

Related Gallery:Speed Racer (Meteoro)

Related Gallery:Maserati GS Zagato

Related Gallery:Force India VJM01