スーパーバイクのドゥカティ「1098」ランボルギーニ「レヴェントン・ロードスター」、最高出力588psにチューニングされ、ローンチコントロールもアップグレードされた日産「GT-R」がドラッグレースで実力を競った。今回は、約4kmの空港の滑走路で行われたレースの模様をビデオでお届けしよう。

>>レース模様はこちらで

ドラッグレースではテイクオフが重要だ。当初、身軽なドゥカティが勢いよく飛び出し、そのまま逃げ切るかと思われた。しかし、瞬発力だけでは勝てないようで、3kmを過ぎたあたりで抜かれてしまうことに。

一方、ランボルギーニは1回戦のテイクオフで大きく出遅れたが、2回戦、3回戦と見事なリカバーを見せる。3台の名マシンが競う対決の結果をぜひ映像でチェックしよう。




By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】ランボルギーニの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>

Related Gallery:Lenovo IdeaPad K1 Honeycomb tablet hands-on

Related Gallery:Greenpeace - Esperanza

Related Gallery:Angry Birds Stra Wars Shanghai Event

Related Gallery:Nokia Lumia 720 on TENAA

Related Gallery:Sony Alpha 7 / A7 評測(Review)



<人気フォトギャラリー>

Related Gallery:old dv6 Bench

Related Gallery:Rockchip Android TV R-BOX

Related Gallery:Rockchip android 2.3 29xx tablet

Related Gallery:HTC Sensation 4G

Related Gallery:HTC Sensation 4G preview!