Related Gallery:GRAViTONUS WorkStation


2013年1月16~18日に東京ビックサイトで"オートモーティブワールド2013"が開催された。本イベント内では、"EV JAPAN"が開催され、EVベンチャー企業の"SIM-Drive"は、シトロエン「DS3 Electrum」を日本初公開した。

>>気になる詳細は


今回公開されたシトロエン「DS3 Electrum」は、昨年開催された"パリモーターショー2012"にて世界初公開された車両である。実はこの「DS3 Electrum」は、2012年1月に"SIM-Drive"の手によってベース車両の「DS3」をEV化されたモデルなのだ。今回フランスより再入国し、今回の出展となったとのことだ。


"SIM-Drive"といえば、慶応義塾大学環境情報学部教授である清水浩氏が社長を務める会社であり、同氏が開発したインホイールモーター型EVに関する技術に基づいた「SIM-Drive(SHIMIZU In wheel Motor-Drive)を搭載したEVの普及を行う会社ということで知られている。

ところが、今回出品された「DS3 Electrum」は、同社の得意とするインホイールモーターを採用されていないとのことだ。説明員に、なぜインホイールモーターを採用しなかったのかと質問したところ、シトロエンからの要望で、コスト面や納期面から、なるべくベース車両をそのまま利用してEV化して欲しいとの要望があったということである。なお、同社では、インホイールモーターに関わらず、EVを製造することは今後も続けていくということだ。


この「DS3 Electrum」に採用されたのは、図のようなお、オンボード・ダイレクトドライブ型EVと呼ばれるもので、エンジンの代わりに出力65kWのダイレクトドライブモーターを左右の駆動輪各々に配置し、ホイールまでをドライブシャフトにつないだ方式となっている。

通常のガソリンエンジンをそのままモーターに置き換えたコンバージョンEVとは異なり、モーターと車輪の間に減速ギアを用いていないので効率性が高まっているとのことだ。17.5kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載し、1充電航続距離は最大154kmとなっている。ちなみにEV化に伴う重量増はわずか95kgとのことである。


また、インホイールにしないおかげで、既存のサスペンション構造も変更することなく比較的シンプルにEVとして成立させている。そのため、車室内やトラン クスペースには全く手を加えずに、ボンネット内と燃料タンクのスペースだけを利用してEV化することが出来たとのことだ。写真の通りインテリアもほぼベース車両のままの構成となっている。

現在のところ、市販化の予定はないとのことであるが、魅力的なEVであることは間違いない。次回は是非インホイールモーターEVとしての登場を期待したいところだ。

Related Gallery:GRAViTONUS WorkStation


【PR】DS3の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:iPad 2 - Die Kamera

Related Gallery:Review: Samsung Chromebook Series 5

Related Gallery:Un vistazo a la interfaz de la Palm Pre - CES 2009

Related Gallery:Olympus E-PL2 in CES 2011

Related Gallery:Concesionario McLaren (renders)


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:HP dv6(old)and Envy

Related Gallery:Stealth LPC-670 Mini-PC

Related Gallery:thinkgeek playmobil apple store

Related Gallery:Mercedes-Benz A-Class Concept

Related Gallery:old dv6 Bench