【レポート】新型「スカイライン」に4気筒ターボとクリーン・ディーゼルが追加!
Related Gallery:Hands-on with Toshiba 4k glasses-free 3DTV prototype


インフィニティ代表のヨハン・デ・ナイシェン氏は、すでにハイブリッドが設定されている新型セダン「Q50」(次期スカイライン)に、4気筒ターボ・エンジン車とクリーン・ディーゼル車を追加すると明らかにした。これにより、Q50は新たなネーミングのもと、豊富なエンジン・ラインナップを揃えて世界展開していくことになる。

>>詳細はこちらでチェック!

車専門誌『Autoweek』によると、新エンジンは技術提携を結んでいるダイムラールノー・日産が共同開発し、2年内に投入されるという。ディーゼル車は欧州限定となる見通しで、ナイシェン氏は「北米市場については熟考していきたい」とコメントするに留めた。いずれにしても、V6エンジンを搭載する現行モデルとの差別化が大きなポイントとなるだろう。引き続き、同ブランドの動向に注目するとしよう。

By Jeffrey N. Ross
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:Hands-on with Toshiba 4k glasses-free 3DTV prototype


【PR】インフィニティの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう