【ビデオ】ゲイを主張したナンバープレートを却下された男性が州を訴える!
米ジョージア州で、GAY(ゲイ)という言葉を含んだナンバープレート3種類を申請したところ、全て却下されたことに怒った男性が、州を訴えているという。
>>なんでダメだったの?

NBCニュースによると、州を訴えたのはゲイの男性、サイラス・ギルバートさん。彼が申請したナンバープレートは、「4GAYLIB」、「GAYPWR」、「GAYGUY」の3種だが、手続きの際、どれも認められなかったという。そこで州に言論の自由を奪われたとして訴訟に踏み切ったそうだ。

ジョージアの州法は、「冒とくする言葉、ひわいな言葉、個人や団体、宗教や信仰、人種や民族を嘲笑する言葉」をナンバープレートに含めることを禁じている。とはいうものの、HATERS(嫌う者)やJESUS4U(あなたのイエス)は受理されており、州側もこうした矛盾は認めているという。

法律専門家によると、裁判になった場合、州側が負ける可能性が高いとのことだ。ギルバートさんの弁護士は、ナンバープレートの却下は違憲だとして、ギルバートさんの申請を認めるよう申し立てている。

では早速NBCニュースをチェックしてみよう。ギルバードさんの件だけでなく、「BEER」はダメで「SIXPACK」(6本入りのビールのパック)はOKというナンバープレートの矛盾の話も収められている。

Visit NBCNews.com for breaking news, world news, and news about the economy

By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】ナンバープレートの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Pilfering from the workplace


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Dartz Jo-Mojo

Related Gallery:In pictures: Jaipur, Rajasthan

Related Gallery:iNuke Boom

Related Gallery:Atomic Floyd SuperDarts Details

Related Gallery:Abyss Board

Related Gallery:Yinlips Vita Ripoff

Related Gallery:Whill: Rollstuhl trifft Segway

Related Gallery:Prison Gangs

Related Gallery:Number Pad

Related Gallery:LG OLED HDTV

Related Gallery:Huawei Ascend P1