【レポート】ヒュンダイと起亜が燃費水増し問題の補償金として375億円を準備 ヒュンダイとその傘下である起亜燃費水増し問題で、対象車のオーナーに補償金を支払うための準備を両社が進めていると、自動車メディア『Automotive News』が報じている。

>>この保証金は安い?高い?

昨年11月に両社が発表したところによると、今回の対象車はアメリカとカナダで販売された2011年型~2013年型モデルの約90万台。そのすべてのオーナーに対する補償金の総額は、両社合わせて約375億円(ヒュンダイが約205億円、起亜が約170億円)に上るという。オーナーへの補償金は車種や走行距離に応じて算出し、デビットカード経由で返金されるそうだ。

本件が発覚してからというもの、燃費の水増しが発覚したのは米自動車メーカーからのタレこみだったという疑惑や、ヒュンダイ株のインサイダー取引疑惑まで様々な話が浮上している。今回のようなミスが2度と起こらないようヒュンダイと起亜には猛省を求めたい。

By Jeffrey N. Ross
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】ヒュンダイの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!





ヒュンダイが燃費水増しで補償金支払いへ 原因については「ついうっかりして...」





燃費水増し問題発覚前に自社株を売却! ヒュンダイ・起亜にインサイダー取引の疑い



<関連フォトギャラリー>

Related Gallery:

Related Gallery:Alcatel One Touch Hero

Related Gallery:Honda S2000 Club Racer

Related Gallery:Los Angeles 2010: Porsche Cayman R

Related Gallery:


<人気フォトギャラリー>

Related Gallery:thinkgeek playmobil apple store

Related Gallery:Stealth LPC-670 Mini-PC

Related Gallery:HTC's dual-mode Android slider at the FCC

Related Gallery:HP dv6(old)and Envy

Related Gallery:old dv6 Bench

Related Gallery:Rockchip Android TV R-BOX

Related Gallery:Droid 2 R2-D2 edition dock

Related Gallery:Rockchip android 2.3 29xx tablet