Related Gallery:First Drive: 2011 Audi Q7


ホンダは、1月28日、国内のFunモデルの充実と活性化を狙って今シーズン投入予定のニューシリーズ向けのスポーツエンジンを発表した。
>>気になるスペックは

このエンジンは、次世代を見据えた、スポーティーかつ扱いやすく、同時に高品位でベーシックであることを特長とし

・「次世代の環境対応型の水冷400ccエンジンとは?」
・「ユーザーに満足を得られる扱いやすい400ccスポーツバイクエンジンの出力特性とは?」
・「走りをささえる軽量・コンパクトでありながら高品位な 400ccエンジンとは?」

の3つのテーマを念頭に、エンジンの経済性や扱いやすさ、軽快かつスポーティーなライディングを実現する出力特性を目指し、低・ 中即回転域はもとより、高回転域にいたるまでスムーズに回る、軽量、コンパクトな国内専用の400ccエンジンとして開発された。


そのエンジン特性は、エントリーユーザーにも扱いやすいように、最も使用頻度の高い、低・中速回転域の特性を重視、最高出力回転数を9500rpmとし、この エンジン特性の適した水冷・直列2気筒エンジンを選択、全域で最適な吸入効率を高めるため、最適なバルブサイズ等を選定、ボアストロークは 67×56.6mmを採用。

また、スポーツバイク用エンジンとしての基本性能を十分に満たした上で、より高い環境性能を目標とし、バルブ周りの軽量化、バルブ挟み角、ポート形状、燃焼室形状選択の自由度の高いDOHCを採用、ローラーロッカーアーム、低過重のバルブスプリング、サイレン トカムチェーン等の採用や、油膜保持特性を高めた軽量ピストンや特殊処理を施したコンロッドの採用で、フリクション低減による高い燃費性能を狙い、加え て、シリンダーヘッドにAIシステム(二次空気導入システム)をビルトイン、エキゾーストパイプ内にO2センサー、キャタライザーを装備することで国内の 排ガス規制をクリアしている。

さらに、高品位なエンジンを目指して、軽量・コンパクト化が進められ、バランサーの採用と配置の見直し等 で振動の低減や静粛性の向上も図られ、一方で、外観は力強い造形とされて存在感を演出。ビッグバイク同様のヘッドカバーサイドキャップや、カバー類の締め 付けにソケットボルトを採用すると言ったお化粧にも手抜かりがない。

こうした様々な特長の上に、バランサーシステムの配置やミッション周りのコンパクト化により、車体の中で最も重いエンジンを搭載する位置を最適化しやすいものとして、優れた操縦安定性に寄与することを狙ったエンジンであることも大きな特長である。

ホンダは、永く、ベストセラーである4気筒エンジンを搭載するCB400シリーズを有しているが、この新たな400ccエンジンを採用搭載するモデルの投入で、今年はより多くの中型免許ユーザーの獲得を加速させることになる。

Related Gallery:First Drive: 2011 Audi Q7

Related Gallery:MSI debuts all new tablet


【PR】オートバイの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Kit TECHART SUV para el Porsche Cayenne 2008

Related Gallery:Lexus LF-Gh Concept

Related Gallery:Great White Shark and Divers

Related Gallery:

Related Gallery:Skate 2 DLC Rob Dyrdek's Fantasy Plaza


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:old dv6 Bench

Related Gallery:Rockchip Android TV R-BOX

Related Gallery:Rockchip android 2.3 29xx tablet

Related Gallery:HTC Sensation 4G

Related Gallery:HTC Sensation 4G preview!

Related Gallery:HTC Sensation versus Incredible S and Desire S (hands-on)