Related Gallery:2011 Volkswagen Polo Sedan


トヨタBMW技術面での協力関係を打ち出したのは、かれこれ1年以上前のこと。スポーツカーからリチウムイオンバッテリーまで多岐にわたる技術協力になることから注目が集まっていたが、その第一弾はトヨタからBMWへの水素燃料電池の技術提供になる見通しだ。
>>気になる詳細は...

水素と酸素の化学反応により発生する電気を動力源とする燃料電池自動車。トヨタの燃料電池技術に関しては、2011年の東京モーターショーに出展されたコンセプトカー「FCV-R」以来新たなニュースを耳にすることはなく、開発がどの程度進んでいるのかは明らかになっていない。しかし、その技術がBMWに提供されれば、現在水素とガソリンを併用しているBMWの水素自動車「Hydrogen7」よりも、さらに環境にやさしい車の開発に拍車がかかることになるだろう。

BMWは、2015年までに燃料電池自動車のプロトタイプを完成させ、2020年をめどに生産に入る予定だという。今後の動きに注目したい。

By Jeffrey N. Ross
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:2011 Volkswagen Polo Sedan


【PR】トヨタの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!