Related Gallery:yamaha sr400 35th Anniversary Edition


ヤマハSR400」の、発売35周年を記念した特別仕様車「SR400」が、2013年2月14日より発売される。1978年のデビュー以来、伝統のSOHCエンジンを搭載するこのモデルは、常に、幅広い年齢のファンから愛され続け、そのシンプルな車体構成、伝統のシングルエンジンの排気音や鼓 動感、軽快で扱い安い乗り味が人気を博してきた。

>>その詳細とは...

確かに、最早、伝統を越えた存在とでも言えそうなSOHC単気筒エンジンは、このバイクの最大の個性であり、唯一、2009年の再登場の際に燃料噴射装置が採用され たのが大きな進化で、それ以外はオリジナルを護り続けてきている。

さらに、現代では希少な、キックスターターによる始動方式を採用しているが、それすらファンにとっては大きな魅力で、現代のSRは誰でも容易にエンジンを始動させることが出来るようになったとはいえ、SR乗りは、エンジンをキックで始動させる儀式にシビレルのである。

また、比較的リーズナブルな車両価格でもあり、カズタマイズベース車としても大人気で、未だに巷にはSR専門のカスタマイズショップも多く存在する。


とはいうものの、今回、発売される「SR400」 35th Anniversary Editionは、基本車輛の「SR400」をベースに、35周 年の歴史を演出するクラシック感あるボディカラー、シルバー塗装フレーム、ブラウン系ツートンシート、記念ロゴ入りブラック文字盤メーター、ゴールドのYAMAHAロゴ入りガソリンタンク、を採用してドレスアップされ、35年ものロングセラーモデルとなった感謝として、535,500円(税込み)の謝恩価格で販売される。因みに、2013年8月末日までの受注期間 限定モデルでもある。

2000年には一度生産終了とされながら、2009年には再び日本の市場に戻ってきたこの「SR400」、Yamahaを代表する個性的なモデルであり、多くの国産モデルの中にあって最も趣味性の 高い存在として、これからも熱いファンに支持され続けるであろう。

Related Gallery:yamaha sr400 35th Anniversary Edition


【PR】ヤマハの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>

Related Gallery:YAMAHA TMAX

Related Gallery:Tokyo Motor Show 2011 YAMAHA

Related Gallery:Yamaha Tesseract

Related Gallery:Yamaha Vmax by Hermes

Related Gallery:2009 Yamaha R1


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 08 03

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 08 02

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 06 03

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 07 04

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 07 03

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 07 02