プライベートイベントでマクラーレン「P1」が披露! 更なるスペックも判明
Related Gallery:Huawei HomePhone

Related Gallery:Nintendo 3DS XL / LL


「世界最高水準のスーパーカー」とうわさされる新型「P1」が、マクラーレンがビバリーヒルズで行ったプライベートイベントで披露された。そのイベントでP1の詳細が少しだけ明かされたので、画像と共にお届けしよう。

>>新型P1の詳細はこちら

パリモーターショーでお披露目されたものと同じ
ヴォルケーノオレンジの鮮やかなカラーが目を引くプロトタイプは、相変わらずインテリアが見えないよう全ての窓が黒く覆われているが、イベントの参加者によると、いくつかのスペックについてインフォメーションがあったという。

まずはボディについて。ボディ・パネルやバス型シャシーは「MP4-12C」と同じカーボンファイバー製だが、フロントとリア部分のクラッシュブルゾーンは、ショック吸収性の高いアルミニウム素材を使用し、露出している金属部分にはチタン合金を使用しているという。また、車両重量は1300kg程度を目指すということだ。

エンジンはMP4-12Cよりパワーアップした3.8リッター V型8気筒ツインターボが搭載され、最高出力は約811psに達するという。加えてF1でお馴染みのKERS(運動エネルギー回生システム)を採用しており、F1マシンと同じように蓄積したエネルギーを再利用することが可能ということだ。また、マクラーレンの関係者は、「ポルシェ「918スパイダー」はライバルではない。フェラーリ「F150」(「エンツォ」の後継車)の新型モデルがライバルだ」とし、さらには「P1はニュルブルクリンクサーキット北コースの最速モデルになる」と豪語したそうだ。

同車は、限定500台の生産を予定しており、数ヶ月以内にも生産が開始されると思われる。価格は約1億1千万円と言われている。3月のジュネーブモーターショーで詳細が完全に披露されるのを心待ちにしたい。

By Michael Harley
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:Huawei HomePhone

Related Gallery:Nintendo 3DS XL / LL


【PR】マクラーレンの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!


<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:Pentax K-3 press shots

Related Gallery:Nikon D610 主站動手玩(hands-on)

Related Gallery:



<人気フォトギャラリー>

Related Gallery:Kia Picanto

Related Gallery:Mazda Ryuga

Related Gallery:Mazda Hakaze

Related Gallery:Speed Racer (Meteoro)

Related Gallery:Maserati GS Zagato