Related Gallery:Nokero N200 solar-powered light bulb


今回は、今年のデトロイトショーで旧GMの副会長だったボブ・ラッツが重役を務めるVIAモータースが発表した「X-Truck」のコンセプトカーをご紹介しよう。

>>X-Truckの中身は!

同車は2013年型シボレーシルバラード」の内外装に改造を施したモデルで、さらにプラグインハイブリッドシステムを搭載。公式発表ではないが、関係者によると、燃費は一般道で約43km/lだという。X-Truckには、VIAモータースが販売するレンジエクステンダーEV「V-TRUX」シリーズに採用されている408psのモーターを使っているが、同シリーズでは1基のみのモーターを2基搭載し、最大出力は816psに達するとのことだ。なお、リチウムイオンバッテリーは24kWhの水冷式のものを採用している。また、「V-TRUX」シリーズでは発電用に4.3リッターV6ガゾリンエンジンが使われているが、X-Truckには5.3リッターV8ガゾリンエンジンを搭載しているという。

バッテリーの電力だけでも約56km走行が可能だということだが、バッテリーの容量が20%を下回ると、エンジンが作動して充電を開始し、25%を超えるとシステムがカットされるという仕組みだそうだ。また、このシステムの状況は、室内にビルトインされたiPadで確認できるという。

同社が「V-TRUX」シリーズに採用しているパワートレインの紹介映像(英語のみ)も併せてご覧頂きたい。




By Sebastian Blanco
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:Nokero N200 solar-powered light bulb


・水溶式ではなく水冷式バッテリーなど、読者よりご指摘の件を修正しました。