あまりの人気に期間延長! 未使用の「2000GT」もある車博物館の地下保管庫見学ツアー
Related Gallery:ASUS Eee Pad MeMO and MeMic hands-on


米国カリフォルニア州ロサンゼルス市にあるピーターソン自動車博物館地下保管場所が公開されたというニュースを先月お伝えしたが、この公開が予想外の大人気で、同館では公開期間の延長を決定したという。

>>そこは夢の世界なのか...?

入館料とは別に25ドルを支払って参加する少人数制、約90分間の地下室見学ツアーは、当初、年末年始の数週間のみの予定だった。しかし、熱烈なファンたちが連日押しかけ、行列を作るほどの大盛況となったため、同館はツアーを無期限に延長すると発表(平日は1日2回、週末は1日4回)。ツアー希望者は、直接赴いて空きがあれば参加できるが、あらかじめ電話予約することをお勧めする。

オートブログでは、地下保管庫のコレクションのごく一部をギャラリーにアップした。スティーヴ・マックィーンが「グリーン・ラット」と呼んだ1957年ジャガー「XK-SS」や、未使用の1967年トヨタ「2000GT」、GMのキャデラック「フリートウッド」をベースに作られた1998年「ポープモービル」、さらに映画『激走!5000キロ』に登場した1972年フェラーリ「デイトナスパイダー」など、本当にレアな名車ばかりだ。

博物館へ行く予定の方も、足を運べないという方も是非ご覧いただきたい。

By Michael Harley
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:ASUS Eee Pad MeMO and MeMic hands-on


【PR】2000GTの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう

<関連フォトギャラリー>

Related Gallery:Panasonic GF3 Hands on

Related Gallery:BBK vivo S1 spyshots

Related Gallery:Nikon D5100 DSLR and ME-1

Related Gallery:Molecular Beam Epitaxy: Gadget Inkubator

Related Gallery:


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Qualcomm twins show girls

Related Gallery:Vodafone charging truck

Related Gallery:CUPP PunkThis hands-on

Related Gallery:Shuttle tablets at Computex 2011

Related Gallery:Intel Keeley Lake concept convertible

Related Gallery:Pretec Booth(Lots of Affordable SSD)