Related Gallery:Nokia N9 China Show


「東京オートサロン2013 with NAPAC」では昨年に引き続きトヨタ技術会が製作したコンセプトカーが出展された。「MINUTE-S」(ミニット-エス)と呼ばれるこのコンセプトモデルは、アクアのハイブリッドユニットが搭載された1人乗りのハイブリッドカーなのだ。


「MINUTE-S」は、車両の扱いとしては側車付き軽2輪、つまりトライクのカテゴリーに入り、公道を走行する場合は、シートベルトやヘルメットの装着は不要だ。ただし、運転免許は自動車の普通免許が必要となる。


トライクというならば、タイヤは3輪でなければならないのではと担当者に質問したところ、リヤのタイヤは2本だがダブルタイヤ扱い(トラックの後輪のように)なので、2本だが1輪としてみなされるとのことで、トライク扱いとなると回答であった。

トライクという扱いのため、先日紹介した光岡の電気自動車「Like T3」と同様に、ドアや円形のステアリングを採用することはできないため、現在のような仕様に仕上げられている。搭載されているエンジンはトヨタのエンジン等を手がけているヤマハ製だ。ヤマハのWR250という250CCのバイクエンジンとアクアのハイブリッドシステムを組み合わせて、最高速度80km/hを達成している。

車両サイズは全長2450mm×全幅1250mm×全高1075mm、車両重量539kg。駆動方式はMR、トランスミッションは電気式の無段階変速機が搭載されている。最高出力は42kW(60PS)、最大トルクは167N・m(17.2kgf・m)。

気になる燃費性能はバイクなどの測定方法で35km/Lとなっている。燃費測定方法がJC08モードではないため一概に比較できないが、アクアの燃費が35.4km/Lということを考えると、この軽量ボディの割には燃費がよくない。その点を担当者に質問したところ、この車両は走りを楽しむためにエンジン性能にモーターの動力をプラスして加速性能を高めたため、燃費性能が多少犠牲になっているとのことであった。


オートサロン当日には初めてトヨタの豊田章男社長がこのコンセプト車両に自ら乗車し、"これはいい"と連呼されたとのことだ。「MINUTE-S」は、250CCのバイクと同様、駐車場の登録も車庫の登録も必要なく、車検も必要ない。保険も安く、駐車スペースも小さくてOKということなので、車が持てない若者向けに是非量産化して欲しいものだ。

「MINUTE-S」の実際の走行ビデオ


Related Gallery:Nokia N9 China Show


【PR】トライクの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Ford Focus Hatch 5 puertas 2008


<人気フォトギャラリー>

Related Gallery:Microsoft Code Space

Related Gallery:Galaxy / Nexus Android-Familienfeier

Related Gallery:Dartz Jo-Mojo

Related Gallery:eFun aPen A5: Hands-On