【ビデオ】トヨタ、あの「シャア専用オーリス」発売を目指し「ジオニックトヨタ」を設立!
以前Autoblogでもご紹介した、『機動戦士ガンダム』の登場人物シャア・アズナブルとトヨタのコラボレーションによる特装車「MS-186H-CA シャア専用オーリス」。それが巻き起こしたあまりにも大きな反響に "自らの行為に恐怖した" トヨタ自動車は19日、シャア・アズナブルを擁するジオン公国と共同で新会社「ジオニックトヨタ」設立を発表。MS-186H-CAの市販化に乗り出すという。

Related Gallery:Toyota Auris MS-186H-CA

>>気になる内容はコチラ!

『機動戦士ガンダム』とは、1979年に第1作がTV放映され、それから30年以上経つ今でも根強い人気を保ち続ける日本サンライズ制作のアニメーション作品。その登場人物の1人であるシャア・アズナブルは、仮面の下に過去と野望を隠したジオン公国軍のエース・パイロットだ。トヨタは2012年8月に行われた「オーリス」のフルモデルチェンジに際し、このシャア・アズナブルとコラボレーションを企画。「シャア専用オーリス」を製作し、「キャラボ2012 C3×HOBBY」というイベントで公開した。



ベースとなる民生車両は、量産型「ZRE186H」オーリスのスポーツ・グレード「RS」。ボディはシャア・アズナブルが好んで自機の塗装色に用いるといわれる赤で塗られ、ジオン軍の指揮官が乗るに相応しい各種特別装備を搭載している。各部にはトヨタのエンブレムに替わって、ジオン公国軍のマーク入り。この特別仕立てのオーリスは、公開と同時に「赤い彗星」と呼ばれたシャアに憧れる軍人・民間人を問わず大反響を巻き起こし、市販化を熱望する声が多く寄せられた。そんなあまりの反響に「自らの行為に恐怖した」トヨタは秘密裏にジオン公国と接触。「車とモビルスーツ開発技術の双方のノウハウを生かすため、関連機関での研究に挑んだ」という。

それから5ヶ月後の2013年1月、トヨタは数々のモビルスーツを開発・製造してきたジオン公国を代表する重機メーカー「ジオニック」社と広範囲にわたる技術提携に合意。新プロジェクトを始動させるため、新たな新会社「ジオニックトヨタ」を設立するに至った。



現在ジオニックトヨタの公式サイトでは、新規社員を募集中。我こそはと思われる方は、是非このプロジェクトに参加し、ジオン公国とクルマの新たな未来に向け、その能力を存分に発揮していただきたい。なお、ジオニックトヨタ社ではどうやら在宅勤務が主であり、遠く離れたサイド3へ転勤などということはないようなので、地球の重力に魂を引かれた人でも大丈夫だ。いま入社すると「特別ボーナス」が抽選で当たるというキャンペーンを実施中。「MS-186H-CA」通称シャア専用オーリスは、2013年内に発売を予定しているという。実機は1月11日〜13日に千葉県・幕張メッセで開催される「東京オートサロン 2013」の会場をはじめ、全国各地で展示される予定。詳しい情報は以下のリンクから公式サイトをご参照されたし。

「ジオニックトヨタ公式サイト(シャア専用オーリススペシャルサイト)

以前書かせていただいたシャア専用オーリス紹介記事はこちら


車両・イベントの紹介等は以下のサイトから。

GUNDAM.INFO

トヨタ モデリスタ シャア専用オーリス





Related Gallery:Toyota Auris MS-186H-CA


【PR】シャア専用オーリスの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Toyota Auris

 
Related Gallery:2013 Toyota Auris Photos

 
Related Gallery:Toyota at the 2011 Tokyo Auto Salon

 
Related Gallery:Toyota Mark X

 
Related Gallery:Toyota TRD Auris GT Concept

 
<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:damesonic 07

 
Related Gallery:damesonic 06

 
Related Gallery:damesonic 05

 
Related Gallery:damesonic 04

 
Related Gallery:damesonic 03