日本でも流行る!? 色の変化によって換え時を教えてくれるタイヤ
昨年、世界的なデザイン・コンテストで「Bevel Cup(傾いたカップ)」を発表し、大賞を受賞したデザイナー、ハオ・フェンリン氏とジョー・バイ氏。今回、このコンビが再びタッグを組み、「Discolor Tyre(変色するタイヤ)」を発表したというのでご紹介しよう。

Related Gallery:Discolor tire concept Photos

>>結構いいと思う!?

このタイヤはトレッドが2色の層になっており、走行によって表面の黒いトレッドが削られていくと、オレンジ色のトレッドが現れる。このオレンジ色のトレッドが出てきたら交換の時期というわけだ。走行距離の目安は約20000kmとのこと。また、この仕組みにはタイヤの裂け目や空気漏れを発見しやすいといった利点もあるという。

色の変化によってトレッドのすり減り具合を表す技術は過去にもいくつか発案されている。何色ものカラーを採用し、タイヤの減り具合を確認できる「Colored Wear Indicator for Tires」や、紫外線に反応して色が変化する技術を用いて、ダメージ具合の確認ができる「Vehicle Tire Tread Depth Determining System」などは、特許もすでに得ている。

試行錯誤を重ね、どんどん進化していくタイヤ。今後はどんなタイヤが出てくるのか楽しみだ。

By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:Discolor tire concept Photos



【PR】タイヤの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:YOKOHAMA TIRE HER-02

Related Gallery:SEMA 2010 Continental Tire Booth

Related Gallery:Gallery: 25 Years of BMW Technik Concept Cars

Related Gallery:tec.2012 yokohama



<人気フォトギャラリー>

Related Gallery:tokyo-auto-salon-girls-05-04

Related Gallery:damesonic 05

Related Gallery:tokyo-auto-salon-girls-05-03

Related Gallery:damesonic 2012 06

Related Gallery:tokyo-auto-salon-girls-05-02

Related Gallery:damesonic 2012 03

Related Gallery:tokyo-auto-salon-girls-05-01